Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

どしゃ降りの雨の日、子供たちを放っておけなかった

どしゃ降りの雨の日、子供たちを放っておけなかった

画像の説明
【どしゃ降りの雨の日、子供たちを放っておけなかった】


日、私は風邪のために体調が思わしくないので会社を早退しました。

その帰り道、遠くで雷が光っていて、

空は真っ黒い雲におおわれ今にも降り出しそうでした。

私が車を止めて信号待ちをしていると、

横を通り過ぎて行く小二ぐらいの男の子が、足にケガをしている様子。

包帯でおおわれた足はひきずっていて、痛そうでした。


そのうち、雨がパラパラ降ってきました。

まわりを見回しても田んぼと畑ばかりです。

ケガをしている足では走っていくこともできない様子でした。



後ろから三人の男の子が走ってきて、ケガをしている子を追い抜いていくと、

また戻ってきました。

一緒に濡れていこうというのです。

三人の子の優しさが痛いほど伝わってきました。


 
私は可哀想になり、その子たちのそばで車を止め、

車に乗るように勧めました。

が、怖がって乗ろうとしません。

それもそのはず、知らない人の車には絶対に乗るな、

と言い聞かされているのでしょう。



親切のつもりで声をかけたのですが、無理もありません。

今の世の中、危険が多すぎて、それが人の心までも変えてしまっています。

私は、口でどう説明しても無理だと思い、子供たちに私の車のキーを渡しました。


「これを持ってとりあえず車に乗りなさい。

 君たちがキーを持っていればこの車は動かない。

 おじさんのことも怖くないだろう」



子供たちはキーを受け取ると、後の座席に乗りこみました。

激しい雨が通り過ぎるまで約10分くらいでした。

子供たちの表情はあいかわらず硬かったようです。  

やがて雨がやみ、車から降りると、子供たちは明るい表情に戻っていました。


大きな声で「ありがとう」と言って、手を振る子供たち。

実に生き生きしていました。



それから数日後、子供たちが、私と出会ったあの信号の所に差し掛かったとき、

私を驚かせる出来事が起きました>>>

子どもたちは忘れていなかったんだ

の子どもたちが、信号の所で待っていたのです。

いつ来るかわからない私のことを待っていてくれたのです。

車を停車させた私を見ると、

子供たちはにこにこと笑い、手を上げて近寄ってきました。

「おじさん、この間はありがとう」と言って、

一本のジュースを差し出しました。

自分たちのお小遣いを集めて買ったのでしょう。

私を毎日、毎日、待っていてくれたといいます。



一本のジュースを私に渡すため、何本のジュースを買ったことでしょうか。

子供たちの優しい気持ちで、私は嬉しさのあまりに涙が止まりませんでした。



こんな私を・・・。



それ以来、通りすぎる子供たちをみかけては、クラクションをあいさつがわりに使っています。

あのときのジュースは、今まで飲んだどんなジュースも及ばない甘さを残しています。



「NTTふれあいトーク集」 より



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional