Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

僕の兄は世界最強最高です

僕の兄は世界最強最高です

画像の説明

【僕の兄は世界最強最高です】


は僕らのために、それはそれは働きまくりました。



両親は、僕が中二の時、交通事故で亡くなりました。



僕には4つ上の兄と、5つ下の妹がいます。

両親の死後、僕は母方の親戚に、

妹は父方の親戚に引き取られ、

兄は母方の祖父母と住んでいました。



それから一年くらい経って、

久しぶりに兄から電話がありました。



高校を卒業して就職が見つかったから、

兄弟3人で暮らさないかという旨を言われたのです。

僕は意外に思いました。

兄は僕と違い、昔から学校の成績が抜群によくて、

当然、一流の大学に進むんだろうと思ってたからです。



僕は兄に、大学はいいのか?と聞きましたが、

兄は、「全滅やから、そこは触れんな」などと言ってました。



僕は中三だし、妹はまだ小四だったため、

当然、親戚の人たちは反対しました。

でも、僕も妹も、ほんとはまた兄弟一緒に暮らしたいと思ってたから、

頼み込んで許してもらい、

晴れて兄弟3人、一緒に住むことが出来るようになりました。

それからというもの、

兄は僕らのために、働きまくったのです。

僕らが貧乏なんて感じることないようにと、

ずっと一緒に暮らすんだと、

昼と夜、別々の仕事をして稼ぎまくり、

僕らに小遣いまでくれてました。



無理がたたり、おそらくぼんやりしてたのでしょう。

そんな兄が先月、交通事故で逝ってしまったのです。



何ということでしょう。

葬式で僕も妹も、泣きじゃくりました。

葬式も一通り片付き、皆が帰った後、

別室にいた僕と妹のところに、

叔母が夕飯を持ってきてくれました。

その時、叔母さんの口から、

兄についての驚くべき事実を知らされたのです>>>

兄ちゃん、次は僕が妹の面倒をみます

母さんが教えてくれました。



両親の死後、兄が親戚中に土下座し、

僕と妹のこと、よろしく頼みますと言ってまわったこと。



兄がバイト代を毎月送り、

僕と妹の小遣いにしてやってくれと頼んでたこと。



京大を蹴って、僕らと一緒に住むために就職したこと。



それを聞いたとたん、

僕はもう、立っていられなくなりました。



兄ちゃんとの色んな思い出が駆け巡りました。



小さい頃、僕の手をつないで

いつも遊んでくれた・・・



強くておもしろくて、やさしかった・・・



自分の小遣いからお菓子を買ってくれた・・・



僕が高校行かんって言ったら、ぶち切れて、

殴ってでも行かせるって言った・・・



いつもボロボロ疲れてても、

僕らに八つ当たりなんてしたこともなかった・・・



自分の夢を捨てて、

僕らのために必死やった・・・



おとん、おかんが死んだ時、

泣きじゃくる僕と妹を抱いて、がんばれって言って、

僕らの前では、涙ひとつ見せなかった・・・



僕、ほんとは兄ちゃんが夜中、

声を押し殺して、泣いてたのを知ってたよ・・・


最後に言わせてください。



あなたは、最強最高の兄ちゃんでした!

あなたに負けないように、僕は頑張ります。

妹のことは、次は僕がちゃんと面倒を見る番です。


見ててください。

ありがとう、ありがとう。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional