Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

華麗なるヘビー級ボクサーのパフォーマンス

華麗なるヘビー級ボクサーのパフォーマンス

画像の説明
【華麗なるヘビー級ボクサーのパフォーマンス】


のように舞い、蜂のように刺す」

アメリカのボクサー、ヘビー級チャンピオンと言えば、

おっちゃん、おばちゃんの間では、まず真っ先にこの人の名を挙げることが多いでしょう。

モハメド・アリ。イスラム改宗前の旧名は、カシアス・クレイと言いました。

その発言が大風呂敷を広げるやら、言いたい放題の大口を叩くやらで、

「ほら吹きクレイ」と呼ばれていました。


しかし、カシアス・クレイの大ボラは、完全に実力に裏付けられたものだったから、

その人気は抜群だったのです。

1960年、ローマオリンピックで、ライト・ヘビー級の金メダルを獲得したのが、

世間の注目を浴びる出発点でした。

金メダルを獲得して、意気揚々、合衆国に帰国したカシアス・クレイ。

あるレストランで食事をとろうとしたところ、黒人であることを理由に、

入店を拒否されたのです。

「俺は合衆国の名誉の象徴として、オリンピックの金メダルを獲ったのだ。

 アメリカの人間が俺にそんな扱いをするというのなら、

 俺もアメリカの名誉、金メダルなんか要らない」

そう言って、彼は金メダルを川に捨ててしまいました。

カシアス・クレイ(モハメド・アリ)という人は、

カッと頭に血が上るタイプの男ではなく、

ボクシングのスタイルや、社会的な発言内容から察するところ、

相当な頭脳派の男です。



このとんでもない行為も、ヤケクソで行ったものではなく、

当時まだまだ根強かった「人種差別」に世間の耳目を集めるための

パフォーマンスだったと考えられます。



アメリカ合衆国は、数十年後の「モハメド・アリ」に対して、

特別な形で、彼の気持に答えています>>>

再び大観衆の前に姿を現したモハメド・アリ

画像の説明
退後のモハメド・アリは、パーキンソン病にかかり、長い闘病生活に入ります。



1996年、アトランタオリンピックの開会式のことでした。

この開会式では聖火台の点火者は当日まで秘密にされていました。

女子水泳選手が、点火台まで聖火のトーチを運び上げました。

そして、その選手がトーチを最終点火者に渡しました。



その最終点火者こそ、モハメド・アリだったのです。

彼は、トーチを受け取り、病気のため震える手で、

点火用のトーチに火を点けました。

その時に、彼が金メダルを川に投げ捨てたエピソードも紹介され、

あらためて、アトランタ・オリンピックでの金メダルを再授与されたのです。



金メダルの再授与。



それは、アメリカ合衆国が、当時のモハメド・アリに対し、

謝罪するとともに、人種差別の無い社会の実現を誓うメッセージでもあったのです。



残念ながら、まだアメリカ社会での人種差別問題は、なかなか解消されていません。

しかし、デモ行動の大きいうねりに見られるように、

差別に対する反対運動は、年々大きくなってきているようです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional