Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

当たり前のことを当たり前に 勇気ある外人さん

当たり前のことを当たり前に《勇気ある外人さん》

勇気ある外人さん

【当たり前のことを当たり前に】

女の通院で月に一度、大学病院に通っています。

待ち時間が長いので、なるべく早い順番をとるために午前7時前には家を出ます。

診察が終わるとおおよそ10時頃。

帰りの電車はまだ朝の通勤ラッシュの名残があって、いつも満員です。


2~3台見送っても満員なので、仕方なく私はいつものように片手で9キロの子供を抱え、
もう一方の手にはベビーカーと荷物を持ち、来た電車に乗り込みました。



すると、私の姿を見たアジア系の方でしょうか。たぶんフィリピンの方だと思います。

つり革につかまりながら「こっちへおいで」と手招きをしているのです。


私はこんなに混んでいるのにと不審に思いながら、その人の方に移動しました。

もちろん空席などありません。


するとその人は、たどたどしい日本語で言ったのです。

あなたが座るのは当然です。

画像の説明

するとその人は、たどたどしい日本語で、席に座っている女子高生に向かって、


この人は赤ちゃんがいて大変だから、席を譲って下さい

と交渉しているではありませんか。私はびっくりして、


「大丈夫ですから・・・・・・」

と遠慮すると、その人は、


「あなたが座るのは当然です」とおっしゃいました。


女子高生も気持よく席を譲ってくれました。


私は恐縮してお礼を言いながら、席に座らせていただきました。



自分の座席を人に譲ることでさえも勇気がいることなのに

人が座っている席を他人のために譲ってくれるようにと言える、

そんな大きな勇気に私は感動してしまいました。



その人は、次の駅でまるで何でもないことのように、笑顔で手を振って降りていかれました。


私にとってその席は、どんな座席より心温まる嬉しい席でした。


ありがとうございました。



感動シリーズ

いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional