Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

美容院のオッサンのスゴイ腕前と素晴らしい接客

美容院のオッサンのスゴイ腕前と素晴らしい接客

画像の説明

【美容院のオッサンのスゴイ腕前と素晴らしい接客】


年前、友達のすすめで、某チェーン店の美容院に行きました。

外観も接客も明るい雰囲気で、とてもいい感じでした。



その日、車椅子で、深く帽子をかぶった女の子が、

連れの人と一緒に来店しました。

年の頃は、12、3歳くらいだと思われました。



飛び込みだったらしく、しばらく待った後、彼女は店内に案内され、

何人かの美容師たちの手によって、椅子に移されました。



帽子をとると、そこには薬か何かの影響なんだろう、

パサパサの髪に、ところどころ抜けてしまって、

とてもカットやカラーができるような頭じゃなかったのです。



その場の空気も一瞬凍りついた感じになりました。



僕も含め、周りの人たちも奇異な目を彼女に向けました。

彼女自身、何だか辛そうな顔をしていました。



どうやら連れの女の人が、半ば強引に連れてきた様子でした。

連れの女性は、母親という感じではなく、

おそらく看護師さんのように見受けられました。



少女を椅子に座らせた後、

奥の方から40歳くらいの男性が出てきました>>>

仕上がりの少女の姿に驚き

の人は、やたら陽気な人で、ガハガハ笑うような、

ほんとに美容師なのか、と問い質したくなるようなオッサン。



で、オッサンが女の子に、

「絶対きれいにするから、

 ばっさり切っちゃってもいいかな?」と聞きました。



僕は内心、髪の毛が抜けてて、傷ついてるみたいだから、

そんなに切ったらよくないんじゃないか、とか思ってました。



僕はもう、自分の頭よりも、そっちの方が気になりました。

しかし、僕の心配をよそに、それはもうびっくりもの。

その出来上がりには驚かされました。



ものすごいショートにして、その毛先もなんだかクルクルして、

…僕が書くと何だかおばさんの髪型か、

と想像されそうですが、そうではありません。

雑誌とかでよく見る、モデルみたいな髪型で…。

パーマもカラー剤も使ってないのに、大変身です。

もう、全然、前と違うんです。



で、何より違ったのは、その少女の表情でした。



仕上がりを見て、ものすごいニコニコして。

ちょっと痩せてたけど、すごい可愛い子だというのが分かりました。

少女、最初はあんなに無口だったのに、

もうオッサンのバカみたいなおしゃべりに、

いちいち反応して大笑いしてました。

もうその美容院の中が、ほんわかムードでした。

美容師の人って、ほんとスゴイなと思ったのです。



一緒についてきた人も、すごい感謝してました。

僕もその日は、なんだかとてもいい気分で、

いい美容院を見つけたと思いながら帰りました。


先週、またその美容院に行ってきました。

その日のサービスも滞りなく終わって、さあ支払いだというときに、

この美容院、次回の予約ができるので、そうしようとしました。



そうすると、顧客ファイルを開いてチェックするわけですが、

僕の後ろが例の少女のファイルだったのです。



少女は、あのあと毎月予約してはキャンセルしていたようです。

予約の期日や時間が記入されては、バッテンがついていました。



僕の行った日の、三日くらい前の日から、

ずーっと黒い太い線が引かれていたのを見た時に、

急に不安な気持ちになりました。

その線は、何となく悲しげに

書き殴ったように見えたからです。



普通、美容院変えるとしても、連絡なんてしないし、

もう行きませんなんて、わざわざ伝えるなんてこともしません。



ああ、これは・・・と、ちょっと覚ってしまいました。



僕の思い違いで、引っ越しだとか、

なんかそういう理由で来れなくなったんだと思いたいけど。

美容院の、あのオッサンが黒いスーツパンツで、

仕事をしてるのを見てしまったのです。


あの時の、少女の表情とか笑い声が、すごいフラッシュバックして、

帰り道に僕は胸が締め付けられる思いに陥ったのです。

口をきいたこともないのに、

少女のために、涙がこぼれる僕でした。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional