Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

菅原文太さんご冥福をお祈りします

菅原文太さんご冥福をお祈りします

画像の説明

【菅原文太さんご冥福をお祈りします】



倉健さんに続いて、またも存在感のある大きな俳優さんがお亡くなりになりました。

最初に菅原さんを「発見」したのは、もう数十年前、若山富三郎主演の「極道シリーズ」でした。

変テコな山高帽が、トレードマークの極道たちでしたが、その中に背の高い、二枚目が混じってて、ほうこの人かっこいいなぁと思ったのでした。

以降、菅原さんは、東映のヤクザ映画の主要な役どころをこなしていきました。


そして、何と言っても深作欣二監督の「仁義なき戦い」です。

画像の説明

そのころ、おっちゃんは高校生だったと思います。

不良少年でした。

おっちゃんの友人で、本気でヤクザになりたがってるヤツがいました。

その友達が、仁義なき戦いを見て「考え直したくなった」と言ったのです。

なぜか?と聞けば、あの映画はあまりにリアルで怖くなったとのことでした。


それまでの東映ヤクザ映画は、我慢に我慢を重ねた主人公が、最後に義理を果たさんがため、敵役をやっつけるという、勧善懲悪モノでした。

それが「仁義なき戦い」では、ダマシや脅しやすかしがまかり通るわ、誰も彼もがぶっ殺されるわで、確かにこれから目指そうという若者に、何か石を投じる効果があったようにも思います。

この映画での菅原さんの輝きは、ずば抜けていたように思います。

ただ、やはりおっちゃんがおとなになってからは、

市井の人でありながら、あ、ここにすごい男がいた!という役どころを演じる菅原さんが好きでした。



特に「北の国から」での、ほんの少しの出番ながら、すごく胸に迫る場面を演じた菅原さんが好きでした。

主人公(ジュン)が、妊娠させ流産した若い女性の伯父という役どころでした。

ジュンは、お父さん(田中邦衛)とともに、伯父さんの家に謝罪にいきます。

そこでの菅原さん扮する伯父さんのセリフは、聞いてて今でも涙がこみあげてきます。


お父さんに向かって、

「あんたは、ともかくすぐに駆けつけてきた、それがあんたの誠意なんだろう」

「あんたの娘さんが、同じような目にあったとしたらどうなんだろう。それを本気で想像してみてくれ」

「あんたは誠意と言うが、・・・誠意って何かね?」

そんな場面が動画サイトにありました>>>

北の国からに登場したときの菅原文太さんです



2分過ぎあたりから菅原さんが登場します




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional