Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

戦争写真家・ロバート・キャパのしたい仕事とは?

戦争写真家・ロバート・キャパのしたい仕事とは?

ロバート・キャパ

ロバート・キャパという有名な戦争写真家がいました。

印刷報道などに与えられる、アメリカで最も権威ある賞、ピュ―リッツア賞を受賞したこともあります。

彼は1936年に起こったスペイン内戦や1938年の日中戦争、第二次世界大戦など5つの戦場に赴き、最前線でシャッターを切り続けました。

また戦闘そのものの写真だけでなく、終戦後の街の変貌や無邪気な子供たち、兵士たちが見せる素顔なども撮影。

レンズを通して、戦争のさまざまな側面を見つめてきた彼は、戦争が終わることをいつも望んでいました。

ある時彼は、インタビューでこんな質問を受けました。

「戦争写真家としてどのような仕事をしていきたいですか?」


それに対する彼の答えはふるっていました。

現在でも、多くの人が頷きたくなるような返答でした。

世界中から戦争がなくなるのを願っている

画像の説明
争写真家、ロバート・キャパの答えです。

戦争写真家である私の願いは、私自身が失業してしまうことです



彼は戦争写真家ですから、もし世界中から戦争がなくなれば、自分の仕事もなくなると考えたのです。

また第二次世界大戦が終わった時には、「ロバート・キャパ 戦争写真家 現在失業中」と書かれた名刺を、嬉しそうに周囲に配っていたそうです。



しかし、彼の願いが叶うことはなく、戦争は世界の各地で起こり続けます。

そして1954年、彼は第一次インドシナ戦争の取材中、地雷に接触して命を落としました。


読者投稿記事募集

ただ今、読者様の【ちょっといい話
記事募集中です。
詳細はこちらでご案内しています>>>
掲載に採用させていただいた方にはQUOカード(500円)を提供致します。


おひとり様、何回投稿でも結構です。
どうぞお気楽にこぞって、ご参加ください(^^)/



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional