Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

中学のクラスでは、当たり前に助け合ってました

中学のクラスでは、当たり前に助け合ってました

画像の説明
【中学のクラスでは、当たり前に助け合ってました】


ちの中学は、新興住宅地でほとんどが持ち家。

お母さんは、専業主婦みたいな恵まれた家庭が多かったようです。

いじめや仲間はずれなどは、ほとんど無かったように思います。



クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子がいました。

7人兄弟の長男で、子沢山と低収入で、給食費も遅れがちな状態でした。

黒であるはずの制服は、なぜか緑色っぽく色が褪せ、

中三になると、急に身長が伸びたためか、

上腕の三分の一くらいが出ているような状態になっていました。

前のボタンもきつくて閉められなくなり、

ある日、何かの拍子に休み時間に、背中の真ん中の縫目が裂けてしまいました。

本人は、笑いを誘うギャグを飛ばしてました。

破れた服の方は、笑いながら家庭科の得意な女子が縫って直してあげました。



そこへ、ひとりの男子が声をかけました>>>

親切を受ける方も引け目など感じることなく

か兄ちゃんとか、近所の人とかで、綺麗な制服余って持ってる人いないかー?」

クラスのみんなは、家に帰って親や隣近所に聞いたりして、いらない制服を探しました。



翌日、2着の上着と1着のズボンが彼の机の上に置かれました。



その日はクラス対抗バレーボール大会の日で、

制服をもらった彼は、嬉しそうに制服を高く持ち上げて、

「みんなー、ありがとなー、お礼に今日は俺がバンバン点取るからさー」

と言いました。



夕刊の新聞配達のため、帰宅部だった彼は、

どこで覚えたのかと思うほど、バレーボールがうまく、

宣言どおりに、一人で何点も点を決め、クラスを優勝に導いたのです。



勝った瞬間、男子は彼に駆け寄り、

ポカポカ頭を叩いたり、抱きついたり、最後には胴上げです。

それを見ていたクラスの女子たちは、なぜかみんな涙ぐんで…。



ほんとにいいクラスでした。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional