Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

笑われてもからかわれても、一生懸命…

笑われてもからかわれても、一生懸命…

画像の説明

【笑われてもからかわれても、一生懸命…】


の小学校であった話です。


その年の6年生は荒れていました。

だんだんと大人になっていく自分をもてあますかのように、

先生をバカにして授業放棄をしたり、

同級生や下級生に暴力をふるったりといった児童が多く、

全校でも大きな問題となっていました。


もうすぐ音楽会という時期でした。



6年生は、全クラスで一つの歌を、一緒に合唱することが

恒例になっています。



ですが、荒れに荒れた雰囲気の6年生は、

先生が指揮をしてもふざけて遊んでばかりで、

みんなで歌うことができません。



そこで児童の中から指揮者を出すことになり、

以前、他の学校から転校してきたM君が選ばれました。



M君は、張り切って、その大役に挑みました。



選ばれたM君、果して同学年のみんなから、

ちゃんと受け容れてもらえたでしょうか?>>>

指揮者という役割は、全員の信頼なしには務まりません

君は指揮台に立ち、そして全身で感情をほとばしらせるように、

指揮棒を振りました。



ですが、そんなM君を迎えたのは、

同学年の児童からの嘲笑でした。

彼らには、M君のあまりにも一生懸命な、

全身を大きく動かす指揮が滑稽で、

おかしくて仕方なかったのでした。

「いいぞー!やれやれー!」

「なんだあ、あれ?」

といったヤジや爆笑が起きました。



当然、まともな合唱にはなりません。


ですが、M君は、そこであきらめませんでした。


笑われても、からかわれても、

一生懸命、全身全霊を注ぎこむような指揮をやめませんでした。

何日も何日も、何回も何回も、

M君は、一心に指揮棒を振り続けたのです。

そのうち、子供たちのM君に対する目が変わってきました。



だんだんとM君の指揮に合わせて歌う児童が増えてきたのです。



しばらく経つと、全員がM君の指揮に合わせて合唱をしていました。



M君のまっすぐな努力が、子供たちに受け容れられた瞬間でした。



音楽会の日、プロ顔負けの大きなアクションをつけ、

一心に指揮をするM君と、

普段は荒れて暴れることが多い6年生の美しい合唱に、

全校児童も保護者も、ひきこまれていきました。



会場となった体育館は静まり返り、

ピアノと6年生のきれいな歌声が響きます。



演奏が終わった後、客席から大きな拍手が起こりました。



M君は、他の6年生とともに客席を向き、

笑顔でお辞儀をしました。



またさらに大きな拍手が起こりました。

保護者の中には感動して、

目をハンカチで押さえている方々もいました。



同学年から信頼を寄せられたM君は、

中学生になってからも、必ず合唱の際には

指揮台に立っているそうです。



思春期の子供、特に男の子にとって、友達から笑われること、

カッコ悪いと言われることは非常につらく、

容認しがたいことのはずです。



一生懸命やるよりも、気乗りのしなさそうに、

仕方なくやるというポーズの方が

カッコいいと思いがちな年頃でもあります。



ですが、あきらめずに、自分が信じた方法を貫き通し、

最終的に周りから絶大な信頼を得て、

学年全員の姿勢を変えたM君は、

多くの人に感動を与えました。

笑われてもバカにされても、

自分の信念を貫き、一生懸命やることの大切さ、

その尊さをM君から学びとれるかと思います。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional