Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

大リーガーが空き缶拾いをしていた時代

大リーガーが空き缶拾いをしていた時代

画像の説明
1880年代の大リーガー、シド・ファーラーは、8年間の実働で生涯打率2割5分3厘、本塁打18本と、名門チームのファーストをまかされる名選手ではありましたが、記録に残る存在ではありませんでした。

しかし、彼の娘は、とても歌がうまいと評判でした。

ある試合の後、他の選手たちが帰り支度をしていると、その娘が1人でロッカーの前に座っていました。


「パパはどうしたの?」と尋ねる選手たち。


すると彼女は黙って出入り口を指さします。

不思議に思った何人かが外へ出てみると、シドは観客席で空き缶やビンを黙々と拾っている最中。


何か理由があると思った一人が、シドに聞いてみました。

つづきおよび全文はホームページでご覧ください>>>

チームメイトまでがなぜ一緒に空き缶拾いをする?

ジェラルディン
か理由があると思った1人が、シドに聞いてみました。


「娘に歌の才能があるとみんなが言ってくれるから、音楽学校に行かせようと思うんだ。でも金がなくてね。それで学費の足しにと空き缶を集めているんだよ」



この話を聞いたチームメイトは、彼の手伝いをすることにしました。


彼女の歌の魅力に気づいていたのはもちろん、「子ども思いの彼のために何かしてあげよう」という気持もあったのでしょう。

そして、空き缶集めはチームの日課となり、その結果、シドの娘は無事に音楽学校に入学することができます。

その子の名はジェラルディンといいました。



その後、ジェラルディンは才能を認められ、ベルリンでオペラ歌手としてデビューします。

そしてアメリカに凱旋すると、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場でプリマドンナとして活躍。

圧倒的な美声と美貌を武器に、歌手として、そして14本の映画に出演する女優として、名声を得ることになったのです。



それにしても大リーガーが空き缶拾いをしていた時代。そしてチームメイトまでがそれを手伝う時代。

今や隔世の感があります。

今、大リーガーは破格のサラリーで、空き缶拾いをする必要などありません。

だけど、どちらが豊かな時代なのか、ちょっと答えが出し難い気がするのは、変でしょうか。



参考本:ちょっといい話 発行:アルファポリス文庫 著者:佐藤光浩


読者投稿記事募集

ただ今、読者様の【ちょっといい話
記事募集中です。
詳細はこちらでご案内しています>>>
掲載に採用させていただいた方にはQUOカード(500円)を提供致します。


おひとり様、何回投稿でも結構です。
どうぞお気楽にこぞって、ご参加ください(^^)/



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional