Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

立川談志、なぜ溺れる友を救わなかった

立川談志、なぜ溺れる友を救わなかった

立川談志と三遊亭円楽

が人間をダメにするんじゃない。

は、人間がもともとダメだ
ということを教えてくれるものだ。

これは、立川談志の言った言葉です。

ところで若い頃の談志にこんなエピソードがあります。

三遊亭円楽と一緒に海に遊びに行った立川談志。

途中で円楽が沖のほうで溺れてしまったそうです。

しかし談志はそれを見ながらも、まったく助けようとしませんでした。

結局、他の人に助けられてことなきを得た円楽。

後でみんなは談志に「なんで助けに行かなかったんだ」と詰め寄りました。

それはそうです。人が死にそうな目にあってるのを目にしたら、
反射的に救いの行動を起こす。

・・・それが普通の人間の一般行動だと思われます。

ところがその後の談志のひと言は、周りを煙に巻きました。

当然これには批判も出たが、さすが・・・との賞賛も出たのです。

立川談志、こう言いました>>>

あなたはどうでしょうか?さすがと思います?それとも・・・

立川談志

俺と円楽の二人が死んだら落語界は終わる。俺一人でも生きていれば何とかなる。

当時、落語といえば円楽と談志だと言われるほど二人の才能は評価されており、

嘘とも本当ともとれる言い訳として周りも納得せざるを得なかったそうです。


いいねfacebook



rss最近の記事

最新の10件


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional