Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

足の不自由な犬は商品価値が無いんだよ!

足の不自由な犬は商品価値が無いんだよ!

画像の説明

【足の不自由な犬は商品価値が無いんだよ!】



る店主が看板を店の入り口のドアにかけていました。


「子犬、売っています」

子供たちが気に入りそうな可愛い看板です。

早速、小さな男の子がその看板を目にとめて、やってきました。

「おじさん、子犬はいくらで売っているの?」

男の子が尋ねました。



店主は、

「だいたい30ドルから50ドルくらいだよ」と答えました。



男の子はポケットに手を入れて、

小銭を出すと言いました。



「2ドル36セント…。おじさん、子犬を見てもいい?」



店主が、店の奥に向かって口笛で合図をすると、

女の人が小走りで出て来ました。



それに続いて、まるで毛糸玉のような、

小さな小さな子犬たちが走り出てきました。



そのうちの一匹は、かなり遅れてのろのろとしています。



男の子は、すぐにその片足を引きずって歩く

子犬を見つけると言いました。

「あの子犬はどこか悪いの?」



店主は、

「獣医に診てもらったら、股関節の一部がないことが分かったんだよ。

 これからずっと足が不自由で、片足を引きずることになるんだ」

と説明しました。



男の子は、顔をほころばせると言いました。


「この子だ!僕、この子犬を飼いたい!」



店主は、

「この子犬を飼うのはやめた方がいいよ。

 どうしても欲しいなら、あげるから持って行ったらいい」



男の子は、気に入りませんでした

店主の目を覗きこんで、指をさしながら叫びました。



「おじさん、くれなくていいよ!

 この子は、他の子犬たちと同じだけの価値がある!

 大切な子犬だよ!」

たじろぐ店主に少年は続けて言います。


「他の犬と同じ値段を払います。

 今は、2ドル36セントしかないけれど、

 これを受け取ってください。

 これから毎月50セントずつ最後まで払います!」



店主は、

「この子犬は、他の子犬のように走ったり、

 ジャンプして、君と一緒に遊ぶことができないんだよ!」


すると男の子は、意を決したように店主の前に一歩進み出ました。

そして・・・>>>

きっと僕たちは親友になれるはずです

画像の説明

の子は、店主の前に一歩進み出ました。



そして、かがんでズボンの裾を上げました。



そこには、金属の下肢装具で支えた、曲がった左足があったのです



その子は、顔を上げて店主を見ると、優しく言いました。



「えへへ、僕もそんなにうまく走れないんだ。

 それにこの子犬は、気持を分かってくれる友達が必要でしょ」




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional