Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

3匹の犬だけが家族だし、心の支えだった

3匹の犬だけが家族だし、心の支えだった

犬3匹
年前に、名古屋の警察で起きた実話です。


ある男が職を求めて新潟から名古屋にやってきました。

彼は、事業に失敗し、何の手掛かりもなく、逃げるように名古屋に来たのです。

ワゴン車の中で暮らしつつ、就職活動を行いますが、
厳しい求人環境でもあり、うまくいくはずもありません。

ようやく就いた日雇いの仕事ですら、人間関係がうまくいかず、
辞めざるを得ない状況に追い詰められます。

自暴自棄になり「もう自殺しよう」と思うこともたびたびでした。

しかし、そんな彼にも生きる希望を与えてくれたのが、公園で出会った3匹の野良犬です。

彼は自分を慕ってくれる3匹の犬たちを家族のように扱い、唯一の居場所であったワゴン車の中で共同生活を送るようになりました。


しかし、ある寒い冬の日のこと。

ワゴンの窓ガラスが何ものかによって割られてしまいます。

窓のないワゴン車では、到底冬の寒さをしのぐことなどできません。

そんな折も折、彼のワゴン車のそばに同じようなワゴン車が路上駐車されています。

キーもつけっぱなしになっています。


善悪の区別くらいは分かる彼ですが、目の前の困り果てた事態を考えると、

悪い心が頭をもたげて除々にふくらんできます。

警察も「犯人」の犬への愛情に心打たれて

名古屋の警察

は結局、悪い心に負け、キーのつけっぱなしであったその車を盗んでしまいました。

そして、当然ながらすぐに警察に逮捕されることになります。


彼は、自分の犯した罪を深く反省し、己の行為を心から恥じました。

しかし、それよりも心配だったのが、残してきた3匹の犬たちのことです。



警察のマニュアルでは、彼が拘留されている11日間のうちに
新しい飼い主が見つからなければ、3匹は処分されることになっていました。

警察は、彼の犬に対する愛情に心打たれます。

そして警官たちは、1週間以上も犬たちの面倒を見たあげく、
新しい飼い主を探そうと、東奔西走して汗をかいたのです。

これは、警察署では異例とも言える行動でした。


犬たちには新しい飼い主が見つかり、幸せに暮らしたということです。

その後の彼については、記録が残ってませんが、

もともとが犯罪に手を染めるタイプの人間ではありません。

この警察の世話を介し、行政による支援の方向で更生の道に戻ったことでしょう。

参考本:ちょっといい話 アルファポリス文庫 著者:佐藤光浩



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional