Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

遠足の帰り道で思いがけず・・・

遠足の帰り道で思いがけず・・・

画像の説明
【遠足の帰り道で思いがけず・・・】

が生まれてすぐ両親は離婚し、

私は、母の実家で祖父母、母と暮らしていました。



母は私を育てるため、毎日毎日遅くまで残業していて、

朝しか顔を合わせない日もたくさんありました。



休みの日は、疲れて遅くまで寝ていて、

どこかへ連れて行ってもらった記憶も殆どありません。

父兄同伴の遠足や運動会も、

友達みんながお母さんと嬉しそうに、

手をつないでいるのを見て、やりきれない気持になりました。



私は手のかからない子供だったと思います。



自分の感情を抑えて、

「会社休んで参観日に来て」なんて、

無茶を言ったことなんかもありませんでした。



一人遊びも上手でした。



すべてに遠慮して、幼い頃からおとなに敬語を使う子供でした。



小学校3年の時でした。

遠足に行った後、作文を書くように言われました。

「五感」をテーマに書くように言われました。

先生は、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚について説明してくれました。



私はその中で触覚というものをテーマに選びました。



遠足でこんなことがあったのです。



山道を歩き、学校までの道でのこと。

皆2列になって、手をつないで歩くわけですが、

私は列の一番後ろを歩いていました。

生徒の数が奇数だったため、

私は一人で歩いていました。



一人でいるのが上手だから、

こんな時の巡りあわせも、やっぱり一人。

そんなことをぼんやり思いながら、ぽつねんと歩いてました。



その時、ふいに私の肩をたたく人がありました>>>

↓Facebookのつづきはこちらからです↓

生が来て、私の肩をたたき、微笑んでくれました。

そして、私と手をつないで歩いてくれたのです。



いつも先生が手をつなぐのは、もっと手のかかる子ばかりで、

私はいつも心の中で、羨ましいと思ってました。



なんだかすごくドキドキ嬉しくて、

歩いてるうちに、目の前がうっすらぼやけてきました。

前がよく見えないまま学校に着きました。



作文には、遠足の帰り道での、

先生の手の温かさについて、書きました。



私の作文を読みながら、先生が、

「手くらい、いつでもつないであげるのに」

と震える声で言って、

私の手をもう一度つないでくれました。



友達たちは、私の作文に何が書いてあったか

気になるみたいで、私に聞いてきました。



でも、私は照れくさくて、走ってトイレに逃げ込みました。

鏡を見たら、涙がこぼれそうになっていました。



ブルっと顔を洗い、パンパンと頬っぺを打って、

にっこり笑顔を作りながら、教室に戻りました。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional