Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ニューヨークにもいた大岡越前

ニューヨークにもいた大岡越前

ニューヨーク市長、ラガーディア
ューヨークの歴史に残る市長として、ラガーディアさんという人がいました。

体格の小さな人でしたが、バイタリティあふれる優秀な市長で、市民からは「little flower(小さな花)」と呼ばれ、親しまれていました。

ラガーディア空港

ニューヨークにあるラガーディア空港は、彼の名にちなんだものです。

そのラガーディアさん、市の様々な部署を知り、連絡を保つため、職員の代わりに現場で働くことがあったそうです。

あるとき彼は、夜間の刑事法廷を取り仕切ることにしました。


そこに連れてこられたのが、パンを盗んで捕まったという男。

その日はとても寒く、男の家族は飢えに苦しんでいる状態で、やむなくパンを盗んでしまったということでした。

話を聞いたラガーディアは、こう言います。


「法律に例外はありません。罰金10ドルとします」



しかし、話はそれで終わりませんでした。

彼はポケットから10ドルを取り出すと、自分のトレードマークであったソンブレロ(つば広の帽子)に投げ入れたのです。

「これがあなたが払う罰金の10ドルです」


さらに彼は、法廷にいた傍聴人に対して、命令を下します。

その場にいた傍聴人を驚かせたその命令とは>>>

食べるために盗みをしなければならないような街

ラガーディアホテル

ガーディアは、傍聴人に対して、このような命令を下しました。


食べるために盗みをしなければならないような街に住んでいる罪として、この法廷にいる全ての人に罰金50セントを命じます」

「廷吏は罰金を集めて、被告に渡しなさい



法廷に帽子が回され、ラガーディアが最初に入れた10ドルと合わせて、全部で57ドル50セントのお金が集まりました。

被告の男は、その中から罰金として10ドルを支払うと、幸せそうな笑みを浮かべて法廷を去って行きました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional