Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ギャンブル依存症から救われる方法

ギャンブル依存症から救われる方法

画像の説明
【ギャンブル依存症から救われる方法】


ギャンブル依存症」について、考えさせられる文章に出会いました。

社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」の代表Tさんの記事です。



おっちゃんが知る限りでも、そもそもギャンブルで病んだ症状には、

共通点があります。



目が虚ろになったその人の頭の中には、

「ギャンブル」と「借金」と「ウソ」が3点セットになっているようです。



多くのギャンブルでは、負けます。負けたらお金が必要です。

お金には限界があります。限界を超えようとしたら、借金です。

借金が膨らんだら、ありとあらゆる次の借金可能性を考えます。

その可能性を実現させるためには、ウソを捻出せざるを得ないのです。



それほどまでして、離れられないそのギャンブル。

もはや、中毒というか、はっきり「心の病気」に違いありません。


冒頭で紹介したTさんは自己紹介するとき、こう切り出すそうです。



「祖父、父、夫がギャンブラーで、三代目ギャンブラーの妻となります」



そんな環境で育ってきたから、Tさんは、経済的に塗炭の苦しみを経験しています。

ご主人は、優しくて穏やかで、高学歴でもあり、

Tさんは、ご主人のことを、理性がきちんと働く人だと思っていました。



ところが、くしくもギャンブルについては、そうではなかったのです。



2~3年に一度は、三百万円前後の借金が発覚し、

せっかく尻ぬぐいしても、また借金が繰り返されます。



ちなみに、この三百万円という金額については、周囲の人間を見てきて、

おっちゃんもよく了解できます。



大きい企業に勤めてる人が、サラ金や信販会社などを渡り歩く時、

だいたい、もうこの三百万円あたりが天井になるのです。

それ以上は、どこも貸してくれなくなります。

だから、家族に借金がバレるのも、ほとんど三百万円前後のところです。



さて、Tさんは、そんな生活を10年ほど続け、借金の肩代わりが

1,500万円にもなりました。

そして、お手上げになり、ようやく心療内科という専門医療に辿り着きました。



そこで初めてご主人に「ギャンブル依存症」という診断が下されました。

治療の一環として、ひとつは、ご主人の自助グループへの参加、

そして、もうひとつは、妻であるTさんにも

「家族のための自助グループ」への参加を勧められました。



ここで得た体験が、Tさんの目からうろこを落とし、

Tさんを変え、ご主人を変えることになったのです>>>

最悪の経験に最高の価値をみいだして

さんは、そのグループの扉をたたくまでは、

「貧乏で惨めな人たちが集まっているんだろうなぁ」と覚悟していました。

ところが実際には、それを裏切る明るい世界が待っていたのです。



「ようこそ!」と、グループの皆さんからTさんは迎えられました。

若くて明るい奥様や、優しそうな年配の奥様など、多様な集まりでしたが、

皆さん、自分の生き方について話をしているのです。



夫のギャンブル問題で泣いているのは、Tさんだけでした。



問題があるのは夫の方なのに、なぜ皆さんは自分の生き方について語っているのか、

Tさんは、その意味がわかりませんでした。

数日後、Tさんはあるキーワードを知り、理解に近づいてきました。

そのキーワードとは「共依存」という言葉です。

共依存とは、簡単に言えばこういうことです。



ご主人は、困り果てた先の最後の砦として、Tさんに依存しています。

一方、Tさんも、やはりご主人に心の奥底で依存しているのです。


夫から依存されることが、あたかも自分の使命であるかのような錯覚。

テレビ番組によく出てくる場面で、だらしない夫に対して、

よく出来た妻が「この人は私がいないとダメなのよ」というあの心理です。



この心理も、依存されて、ある種の生きがいを感じる意味で、

相手に依存していることになる。

それが「共依存」という概念です。



Tさんは、まさに自分のこととして、「共依存」を受け止めました。

「夫にギャンブルを止めさせなきゃ」

と、夫の問題を自分の手に握りしめている時は、同じ苦しみを繰り返していました。



けれども、夫を「管理」したくなる自分を手放したとき、

Tさんの精神は、楽になったのです。

「夫のギャンブルの問題は、夫自身にしか解決できないんだ」

そう開き直ることで、結果としてTさんもご主人も精神的な自立を確保し、

ギャンブルの問題がやがて解決したそうです。

地獄から脱出できたTさんは、思いました。

「自分に出来るのは、同じ問題で悩んでいる人を助けること」



生まれながらに、ギャンブル依存症に縁が深いTさん。

現職はTさんにとって、天職に違いありません。

苦しい苦しい体験が、Tさんを天職へと導いてくれたのでしょう。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional