Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

人は見かけによらない?ガングロ、ヤマンバの私の親友

人は見かけによるか、よらないか?ガングロだったわたしの親友

ガングロ、ヤマンバ

【人は見かけによるか、よらないか?】
ガングロ、ヤマンバだったわたしの親友
~恥ずかしいのはどっちの方よ?~

子高生の頃のわたしには、変な親友がひとりいました。



最初から親友だったわけじゃなく、

あるきっかけでわたしはこの子が大好きになったのです。



わたしは普通の女子高生だったのですが、

彼女K子は当時「先端」だったガングロ、ヤマンバギャルだったのです。



K子たちのグループには出来るだけ近寄らないようにしていました。

なぜってガラが悪いし、汚いし、成績もよくないし、

最も友だちにしたくないタイプの女の子だったのです。



ある日のことでした。



下校時の停留所でバスを待っていたときのこと、

目の前を白い杖を持った年配のご婦人が右往左往していました。



「あのー、どうなさったんですか?」



わたしはぎこちない調子で声をかけました。



すると、そのご婦人は、障害福祉センターに行きたいのだが、

教わった通りに来たのに、どうも違う場所に来たような気がするとのこと。



なんだ、そんなことかと思ったわたしは、

「そこでしたら近くなので、わたしがご案内します」



そう言って、わたしはそのご婦人の腕をギュッと掴んで歩こうとしました。



その途端、ご婦人はビクッとして、何だかとても不安そうな感じでした。


それでも、よろめきながらどうにか歩き始めたとき、

そこにK子が通りかかったのです。



「あれ? あんた、何やってんのさ」



K子の怒ったような表情にひるみながらもいきさつを話し、

わたしはこのご婦人を障害福祉センターまで案内したいと告げました。


そうするとK子は、わたしの自信のなさそうな態度とは裏腹に、



「さぁどうぞ、私におつかまりください」

と、そのご婦人の案内役をかって出たのです。



ご婦人も、わたしが手を貸したときとは打って変わり、

すっかり安心した様子で、K子に身を託しています。



なんのことはなく、K子はご婦人をスイスイ案内してしまいました。


「どうして?」


わたしは疑問を抱かずにはいられませんでした。


そんなわたしにK子は語ってくれました。

↓つづきます。こちらからどうぞ↓

さあどうぞ、わたしにおつかまりください

ガングロ、ヤマンバギャル、ルーズソックス

ガングロのK子、彼女の言葉はこうでした。


「私には、目の不自由なおばあちゃんがいたんだよ。

 おばあちゃん、親切な人がよく手を貸してくれたんだけど、

 おばあちゃんの側からすると、近づいて来たことにも気づかず、

 そんなときは、出された手にドキッとしてしまうんだよ」



「・・・・・・」



「何も見えないときに、いきなり手を出されてみな。

 それが親切な手だったとしてもさぁ、突然な感じは、

 目の見えない人にとっては、いきなりつかまれたり触られたりってのと

 同じ気持になるんだよ。ドキッとしてしまう。

 それと同時に、どこへ連れて行かれるんだろうと不安になるんだよ」



「・・・・・・」



「だからね、私は目の不自由な人には、自分の体に触らせてあげて、

 相手が安心する場所につかまってもらう方がいいと思うんだよね」



K子はそう話してくれました。



わたしは「なによ、最初に声をかけたのはわたしなのに」

とさきほどまで少し腹を立てたり、

ガングロのK子を軽蔑したり、一緒に歩くのが恥ずかしかったり、

そんなふうに思ってた自分の方がよっぽど恥ずかしくなりました。


同時にK子からとても重要なことを教えられた気がしました。



この日以来、わたしはみかけだけで、人を判断するのをよしにしました。



また目の不自由な方を見かけたら、今、わたしは胸を張って言えます。



そっと相手に寄り添いつつ、

「さぁどうぞ、私におつかまりください」と・・・。




感動シリーズ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional