Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

お笑い芸人さんの世界、ほんの一握りの人がバイトと無縁です

お笑い芸人さんの世界、ほんの一握りの人がバイトと無縁です

画像の説明

【お笑い芸人さんの世界、ほんの一握りの人がバイトと無縁です】



イツ」という漫才コンビをご存じでしょうか?

塙信之さんと土屋伸之さんの二人組です。

塙さんのお兄さんは、佐賀を売り物にするピン芸人の「はなわ」さんです。



「ナイツ」というコンビは、'08年から3年連続でM-1グランプリの決勝に進出するなど、実力派で通っています。

塙信之さんが、ブレイクの転機となることについて、語っていました。

お笑いの芸人さんが、テレビに出て活躍するまでには、

相当苦しい下積みの経験をします。

塙さんいわく、ほぼ100%の人間がバイトせずには、食っていけないそうです。



塙さん自身は、高校時代からお笑いの稽古に励んでおり、

大学は落研の名門で話芸を磨きました。

大会で大学日本一に何度も輝く名門の中で、「塙は面白い」「塙は天才だ」

そんな、ほめ言葉に包まれ、売れる自信があったのです。



ところが、プロに入門したら、まったく通用しない。



「おもしろくない」「つまらない」「ありきたり」などの冷ややかな反応ばかりでした。



コンビを組んだ土屋さんとも険悪な雰囲気になりました。



「鬼教官」と呼ばれる若手育成のマネージャーがいました。

かなりしごかれたそうです。



昼は、浅草で呼び込みをしたり、師匠にお茶を入れたり、

時にはステージに上がりますが、お客さんはお年寄りばかり10人ほど。

夜は新宿に移動して、ライブに出ますが、ここでもさっぱりウケません。



落ち込んだまま夜勤のバイトに直行する日々。

それが5年ほど続きました。



その間、鬼教官からは「最低でも月に5本はネタを作れ」と言われていました。



でも無理でした。



日々、下働きの日常、時間があればバイトで稼がなければ食えません。

せいぜい頑張って、月に1本のネタしか作れませんでした。



後で塙さんは気づきますが、出来なかったのは、

実は、どこか「やらされ感」があったからなのでした。



悶々とする日々を送っていたある日、

左官屋さんのバイトに駆り出されることになりました。



お笑いとは、180度ほども関連性のない左官屋さん。

だけど、この仕事を体験したおかげで、

塙さんは光明のきっかけをつかみます>>>

お気楽そうに見える芸人さんの世界、水面下では大変です

官屋さんのバイトは、朝6時に起きて、夜6時まで、セメントまみれの毎日です。

これが、肉体的にすごくキツくて、死ぬほど疲れたそうです。

終わると、部屋に帰り泥のように眠ります。



そして起きたら早朝から現場にかけつけます。

そんな日々が約1ヶ月続きました。

それで日給1万円でした。



この時、塙さんはハタと気づきました。



つくづく芸人としての自分は、ラクし過ぎだろうと。

稼ぎの根源であるネタづくりにしたって、月5本どころか、

毎日6時に起きて、夜の6時までネタを作るくらいの働きをしないと、

他の仕事と割が合わないじゃないか。



塙さんは腹を決めました。

よし、これからはどんなに疲れていようとも、

一日一本、漫才のネタを考えようと。

それまでは、月に1本だから、一気に30倍の勢いです。



塙さんはこう述べています。

「考えてみると、芸人にとって芸を考えるのは仕事。

 それをおろそかにして、お金をもらおうなんて、虫がよすぎですよね。

 僕らは、ネタを考えて、芸を磨いて、その芸を見てもらって、

 生活できています。この根本は忘れてはいけないと思っています」

鬼教官も、やる気のある人間には、それなりの場を提供するものです。

場の提供といっても、芸人を「鍛えるための」場の提供です。



それからの「ナイツ」は、寄席を中心に、年間500回くらい舞台に立たせてもらいました。

これが、実によかったそうです。

漫才がどんどん上達していくのが実感できました。

こうなれば、人はいい循環に入って行くわけですね。


漫才が上達する→楽しい→ウケる→ますます磨きがかかる



塙さんは、今でも毎日ネタを考えているそうです。

歩きながら、電車に乗りながら、お風呂に入りながら……。



どこでも忘れないように、すかさずスマホに入れて、

ブログにも毎日アップしています。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional