Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

美空ひばり、日本を代表する歌手でしたが、心の中は・・・

美空ひばり、日本を代表する歌手でしたが、心の中は・・・

画像の説明

【美空ひばり、日本を代表する歌手でしたが、心の中は・・・】



和の大歌手、美空ひばり。

戦後、日本の復興期のシンボルのような存在で輝き続けました。

3歳年上の中村メイコさんとは、何でも話し合える友だちでした。

二人とも、同時期に子役から芸能界で活躍してきた間柄、

長くて深いおつきあいでした。



おふたりは、よくゲイバーを飲み歩いたそうです。

ゲイバーの良さは、いろんなお客さんが来ても、わけへだてが無いことです。

大スターの二人であっても、気さくに接客してくれるから、気が楽だったそうです。



その頃、中村メイコさんは結婚して、お子さん(カンナさん)も小さい頃でした。

メイコさんは、朝になると「あっ、私そろそろ帰らなきゃ」と店を出て自宅に戻り、

そのまま子どもの弁当を作るようなこともありました。



メイコさんは、その頃のことを「ゲイバーから台所へつながっていた感じ」と振り返っています。

朝帰りでの弁当作りについて、娘のカンナさんからは、こんな指摘を受けていたそうです。


「お母さん、今日は二日酔いだったでしょう?」

「お弁当がいつもよりあっさりしていた。私は二日酔いじゃないから、コッテリでいいのよ」

カンナさんは、遠回しにメイコさんの飲み過ぎを注意していたのでした。

美空ひばりさんが、病院で療養中のことです。

メイコさんがお見舞いしたとき、ひばりさんにこう言いました。

「ごめんね。お酒が私には何ともないのに、あなたの身体には悪い方に出ちゃって」

するとひばりさんは、

「それは違う!私はメイコの倍飲んでいたのよ」と主張したのです。



メイコさんは、別にお酒の量で負けず嫌いを発揮しなくてもいいのに、と少し変に思いました。

しかし、ひばりさんが言いたかったのは、お酒の量のことじゃなく、

もっと別の、ちょっと寂しい意味があったのです。

つづきおよび全文はホームページからご覧ください>>>

周りが言うことを聞いてくれる人ばかりだと・・・

ばりさんはこう言いました。


「メイコには、止めてくれる人がいるでしょう、

 神津さん(ご主人)やカンナちゃんたちが。

 飲み過ぎちゃダメだと止めてくれるでしょう」

何だか寂しそうなひばりさんの表情でした。



「私はママが亡くなってから、(身内で)一番偉くなったから、

 周りに『お酒』と言えばどんどん持ってきてくれる人ばかり。

 私はメイコが帰ってからもひとりでまた飲んでいたの」

と明かしました。


さらに止めてくれる人がいるってことは幸せなのよ

とメイコさんに言い聞かせたそうです。

日本を代表するスターだった美空ひばりさんです。

だけど、心の中では、そんな寂しさを紛らすために、

ひとりでお酒を飲む時間もかなり多かったのです。

メイコさんは、「今でも、あの言葉を思い出すと、涙が出てくる」

と語っています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional