Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

一歩踏み出してのひと言が二人の命を救った

一歩踏み出してのひと言が二人の命を救った

画像の説明

【一歩踏み出してのひと言が二人の命を救った】

婦Aさん(29)の夫は機械のリース会社に勤務する、ごく普通のサラリーマンでした。

しかし、あるとき商品相場に手を出し、会社や金融業者から借りたお金が二千万円。

これに、家のローンや勝負ごとの負けも加わって、ご主人はついにマイカーごと蒸発したのです。


その日以来、A子さんは毎日夕方になると三歳の長女を連れて、

自宅近くの陸橋へ出掛けるのが日課になりました。

毎日、毎日、今日こそ夫が帰ってくるのではないかという期待を胸に

陸橋の上にたたずむ日が続きました。

しかし一ヶ月が過ぎても、夫は帰らず連絡すらもありません。



借金の催促は厳しく、帰るあてのない夫を待つことに疲れ果てたA子さんは、

何度も死ぬことを考えたと言います。

そんな四月の雨の日、一台の車が陸橋の下で止まり、

A子さんと同じ年格好の女性が降りてきて、二人に声をかけました。



見ず知らずのその女性のひと言と行動が、その後のA子さんの運命を変えます>>>

やり直しのきっかけを作ってくれたその人を探しています

違ったらごめんなさい。いつもそこにいるけど、身投げなんかしないでね」

この女性は日頃、陸橋の下を通り二人を見ていたんですね。

A子さんは、思わず心の中を見透かされたような気持ちになりました。

A子さんが返す言葉もないままでいると、その女性は小銭入れを渡したそうです。

中には小さく折った一万円札が二枚とメモ用紙が入っていました。

メモにはこんな走り書きがありました。

いつも気になって、あなたのことを見ていました。

人生って死んで何もかも終わりだと思うけど、

お子さんだけは道連れにしないでね

さらにもう一つ、小さなカエルのマスコットが入っていました。

A子さんには、このカエルが「帰る」という言葉に結びつき、

何かの暗示のように思われました。

その場で娘を抱きしめながら、あふれる涙をおさえることが出来なかったそうです。

「勇気がわいてきて、立ち直れそうな気持ちになりました」

その後、北陸の旧家のA子さんの実家では、

夫と縁を切るという条件でお金の始末をつけてくれることになりました。

A子さんも里帰りして出直すことになりました。

立ち直ったA子さんは、その姿を見てもらおうと、何度か陸橋に出かけたのですが、

なぜかあの女性の車は通らなかったそうです。

A子さんが命の恩人を探している、ということで新聞の記事は締めくくられています。


苦しんでいる人を助けたい、役に立ちたいという思いはだれにもあるでしょう。

だが、なかなか実行出来ないものです。

この話では車の女性が一歩踏み込み、勇気を持って一声かけ、

ちょっとした心づかいを見せたことが二つの命を救ったのです。

「心ゆたかに生きる」南蔵院住職・林覚乗・・・(西日本新聞社発行)



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional