Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

斎藤一人さん、競馬と商売の違いを語る

斎藤一人さん、競馬と商売の違いを語る

画像の説明

仕事は競馬と違ってコピーができます

これって、どういう意味なんでしょうか?

斎藤一人さんは、おなじみの変なおっちゃんですが、
全国納税額でいつもトップクラスに位置してる日本を代表する「商人」です。

※もしご存知ない方は「斎藤一人」でGoogleで検索してみてください。

仕事は競馬と違ってコピーができるという意味を、
一人さんは、著書(眼力)の中でこんな風に述べています。

興味ある方はこちらからどうぞ>>>

競馬でビルは建たないが商売でビルは建つ

画像の説明

馬でもしも「2-4」の馬券が当たったとします。

だけど、次のレースも「2-4」を買えばいいかというとそうはいきません。

いつも「2-4」が来るわけじゃない。



つまりうまくいったことをコピーしてもダメですね。

だから競馬で儲けて大きなビルを建てたという人を、私は見たことも聞いたこともありません。

ところが、たとえばそば屋で、これこれこんなおつゆを使い、それを出す。

それで繁盛したとします。その商売が当たったわけですね。

そのそば屋が江戸川区で当たったんなら、それを葛飾区でやっても当たります。世田谷区でもOKでしょう。



仕事の方は、競馬と違ってコピーがきくんです。

コピーがきくから、一個当たりをつければ、何回でも当てられます。



競馬ではビルは建たないけど、商売でビルが建つのはそういうワケなんですよ。


参考本:眼力 サンマーク出版 著者:斎藤一人

『いいね』していただき、どうも…

ありがとう


してくれなくても、どうも…
ありがとう


いいねfacebook




rss最近の記事

最新の10件

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional