Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ひったくりに遭ったばあちゃんが生き方を説いた

ひったくりに遭ったばあちゃんが生き方を説いた

画像の説明
【ひったくりに遭ったばあちゃんが生き方を説いた】


ちのばあちゃんが、買い物での帰宅途中、

自転車に乗った高校生引ったくりに遭った。

後ろから、自転車に抜かれざまバッグを掴まれたらしい。



しかし、幸いなことに怪我も被害も無かった。

日頃から野良仕事を趣味とし、

年の割に体力を誇るうちのばあちゃんだ。

掴まれたバッグは、ばあちゃんの強靭な握力と腕力で、

がっちりホールドされていた。

そのために、自転車に乗ってた高校生のほうが、

反動で地面に叩きつけられ、右手首骨折とのことだった。


駆けつけた通行人に確保され、高校生は警察へ連行された。

警察には、高校生の両親が呼ばれた。

警察から連絡を受けた僕も、ばあちゃんを迎えに急行した。

警察の一室には、ばあちゃんが座っており、

近くの席には、高校生の両親も座っていた。

僕が到着するやいなや、高校生の母親が耳を疑う暴言を吐いた。

「息子の怪我をどうしてくれる。治療費払え」

「どうせ私らが取られた金でもらった年金だろ」



何というひどい言葉を吐くのか。

僕もカッと頭に血が上り、母親の前にずいと立とうとした。

そうしたら、ばあちゃんが僕をたしなめ、

こう言ったのだ>>>

警察までが拍手してくれたおばあちゃんの言葉

我したんは可哀想だが、本当に可哀想なんは、

 人の物を盗ったらいけんってことすら

 親から教えてもらえんかったその子の人生や」

「今からでも遅くない、親子でがんばってまともな人間にならんといけんよ」

と優しい口調で諭してた。


警察のおっちゃんが拍手してくれた。

高校生の父親は、泣きながら土下座した。


母親は、ばあちゃんの言葉が終わったとたん、

すぐに父親に殴られ、子供のように泣き声をはりあげた。

僕は、なんかばあちゃんを尊敬せずにはいられなかった。

2ch話【うちのばあちゃんの話】を下敷きにしています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional