Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

イチロー選手を追いかけた老人の死

イチロー選手を追いかけた老人の死

イチロー

【イチロー選手を追いかけた老人の死】



の話は人の縁というものが、不思議につながることを示すお話しとして、

またイチロー選手のファンへの温かさを示すお話しとして、貴重な事例だと思います。

イチロー選手のマリナーズ時代のお話しです。

死ぬ前に一度でいいから、大ファンのイチロー選手のプレイを、
マリナーズの本拠地で見たい・・・。

ある老人が、がんを患い、余命いくばくもないことを知りながら、
日本からシアトルまでやってきました。

そして、マリナーズでプレイするイチローのシーズン最終戦を観ることができました。


老人は、その後、本当にホテルで急死したのでした。

老人の身元確認と日本への搬送手続きをした、シアトル日本領事館のある警察官が、老人の最後の旅に奇妙な感動を覚え、そのことを妻に話しました。

妻は、行きつけの美容院でその話をしたそうです。

そこは偶然にもイチロー夫人の行きつけの美容院でもあったといいます。

美容院の店長から、この老人の話がイチロー夫人に伝わり、夫人からイチロー選手へ。



そして、イチロー選手は、知人の日本人警察官僚に連絡を入れます。

その老人の遺族と連絡を取りたいという希望を告げたのです。

ここから先がまた不思議な縁つながりがありました。

自分を追いかけてくれた老人に捧げたかったもの

チロー選手の知人の警察官僚の方が、改めてその老人の遺族と連絡をとると、偶然にもその老人の甥が、警察官僚の方のかつての上司だったそうです。


このご縁つながりには眼をみはるものがあります。

その後、イチロー選手から、老人のご遺族あてに、老人が見たシーズン最後の試合でイチロー選手が使ったスパイクが送られてきたそうです。

輝かしい業績や高い地位にではなく、むしろ、他人が知らないような、こんな小さな温かさをかいま見るとき、スーパースターではなく、その人となりの真価を感じる、・・・それは私だけの感じ方ではないように思います。


(参考記事:産経新聞 福島香織ブログ)



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional