Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

たびたびイチロー選手をここに登場させます。その訳は…

たびたびイチロー選手をここに登場させます。その訳は…

画像の説明

【たびたびイチロー選手をここに登場させます。その訳は…】

レーだけでなく、慈善活動でも素晴らしいエピソードを持つイチロー選手です。

オリックス時代から、スタンドの一部を自腹で買い取り、

『イチローシート』と称して阪神淡路大震災で被災した児童を

球場に招待していました。

マリナーズ時代にも『イチローシート』は設けてありました。

また、世界各地で災害があれば寄付をするなど、慈善活動に積極的です。



普通、ある程度の収入があってから、

大きい収入の一部を寄付として贈るなどの行為が一般的です。

しかし、イチロー選手が非凡なのは、このような行為についても、

他の有名人と異なるところです。


1992年イチロー選手が、まだプロ1年目のことです>>>

未来の自分を想定しての行為だったのかも…

92年、プロ1年目のイチロー選手は、ウエスタンリーグ(2軍リーグ)でMVPを獲得し、

賞金100万円を手にしました。

そして、その全額を神戸の養護施設に寄付したのです

2軍の選手がこのようなことをしたのは、

日本のプロ野球史上初のことでした。

当時のイチロー選手の年俸は430万円。

19歳という年齢なら欲しいものも沢山あったに違いありません。

普通はなかなか出来ない行為だと思います。


ハリウッドスターやメジャーリーグのプレーヤー、セレブの慈善活動を見る限り、

チャリティーに参加すること自体が、ある種のステータスになっています。

もしかすると、イチロー選手はこの時すでに、メジャーリーガーとなる自分を想定し、

未来の自分の、自然な振舞いとして、賞金全額寄付という行為をとったのかもしれませんね。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional