Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

塾に行かない貧しい家庭の子が成績一番の理由

塾に行かない貧しい家庭の子が成績一番の理由

画像の説明

【塾に行かない貧しい家庭の子が成績一番の理由】



る小学校で成績がずっと一番の子がいました。

その子は家が裕福ではなかったために、塾に通うことができませんでした。

そのため授業中はだれよりも集中し、

学校が終わったらすぐに家に帰っていきました。

その子の担任は彼女が成績が良いのは、

家に帰って一生懸命勉強しているからだと思っていました。



ある日その子が放課後、担任の先生にどうしても分からないことがあると聞いてきました。

その時、先生は質問の答え以外に、家庭での生活のことなどを、彼女に聞こうとしました。



「友達と遊ぶ時間も削って、なぜそんなに一生懸命勉強するの」

彼女は答えて言いました。


「家では特に勉強していません」

先生は少し驚きました。

だけど、本当に驚いたのは、それに続く彼女の言葉でした>>>

↓Facebookのつづきはこちらからです↓

で「勉強」しているわけではないその子。

それでは、学校から早く自宅に帰って何をしているのでしょうか?



「あのね、私、お母さんにお勉強を教えてるの」

彼女のお母さんは、小さい頃家が貧しく、

満足に学校に通うことができなかったということでした。



そのため読み書きや計算があまりできません。

彼女が一生懸命勉強していたのは、自分が良い成績を取るためではなく、

お母さんに勉強を数えるためだったのです。



卒業するまでその子はずっと一番を保ったそうです。

出典元:2ちゃんねる・ちょっといい話

の話が実話なのかフィクションなのか、確認はとれていません。

しかし、この話が事実かどうかという確認よりも、

次のようなことがあり得る現実として、僕らの教訓になるように思います。



人は「自分」のためよりも、自分以外の誰かのために、力を尽くすとき、

より一層の集中力を発揮します。

まして、その「誰か」が、自分にとってかけがえのない「誰か」であるとき、

時に人は「奇跡」すら呼び込みます。



この女の子の場合、かけがえのないお母さんのための「勉強」。

小・中学校の頃の地道な反復(授業中の知識習得、帰宅後のリピート)は、

みんな出来るようで出来ていない。

みんなが出来そうで出来てないこと、それを毎日地道にやるだけでも、

人より秀でることになる。そんな教訓もまた示唆しているように思います。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional