Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

田舎もん丸出しの父ちゃん、母ちゃん、そして僕

田舎もん丸出しの父ちゃん、母ちゃん、そして僕

画像の説明

【田舎もん丸出しの父ちゃん、母ちゃん、そして僕】



でも思い出す。

10年くらい前の出来事・・・。

僕の家は、普通の人が想像も出来ないくらい田舎にあった。



僕はまだ中学生で、制服かジャージしか持ってなかった。



それで、来年から高校生になることだし、

家族で東京見物しながら、買い物しようってことになった。

正直、僕は初めての東京で、緊張していたけど、

両親は、もっとひどく緊張気味だった。



道が分からず、そこら辺の人に声をかけるけど、

びっくりするような大声で声をかけるから、逃げられるし。

駅の自動改札口では、思いっきり挟まれて、後ろに迷惑かけるし。

満員電車で、父ちゃんは、母ちゃんを守ろうと、

片手に吊革、片手に母ちゃんの手を握り、

結局、両手が死ぬほど広がって、大きな悲鳴をあげるし。



今考えると、田舎もん丸出しだった。

一番まいったのは、お小遣いで5,000円もらい、

入ったお店で、ベルトと帽子だけ買って出たことだ。

正確には、ベルトと帽子しか買えなかったんだ。

どれも目が飛び出るほど高くって。



そんなこんなで、東京からの帰り道、

夕闇を走り抜ける列車に揺られながら、

父ちゃんが、こうつぶやいた>>>

お金はなくても、心豊かな思い出

まなかったな、おい、

 俺が何にも知らんから、

 お前たちにまで、恥じかかせちまって」



すると、すかさず母ちゃんが言った。

「楽しかったですよ。

 家族一緒なら、どこへ行っても楽しいんですよ。

 あなたの方こそ、慣れない所に来て、大変だったでしょう。

 ゆっくり休んで下さい」



父ちゃんは、「あぁ・・・」

とだけ言って、目をつぶった。

その時、


父ちゃんの目から涙がこぼれているのを、僕は見たんだ。



あれから10年・・・



父ちゃん…。父は、去年亡くなった。



そんなことに涙を流せる父が好きだった。



不器用だけど、

家族を本当に愛してくれた父のことを、

ふと思い出した。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional