Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ちいさな命を大きな力で支えてくれた先生

ちいさな命を大きな力で支えてくれた先生

小さな命を大きな力で

が小学校5年生の時、保健室に子猫がいました。

先生が言うには、

「この猫は心臓が悪いので、長生きしないだろう」
とのことでした。


「私だったらきっと大事に長生きさせてみせる」

と言って、家に連れて帰りました。


すると両親からは、

「アパート暮らしだし、猫を飼う余裕なんかないから捨ててきなさい」

と言われてしまいました。

しかし私は泣いて、

「迷惑をかけないから、私のご飯を少し猫にあげるから」

と強引にがんばり、何とかこの猫を飼えるようになりました。



ある日、先生の言ったとおり、猫が病気になってしまいました。

動物病院に連れていきたいのですが、

両親に言えば「そんなお金がどこにある」と叱られるに決まっています。


こっそりとある動物病院に電話をしてみました。

電話でのか細い私の声に、先生は力強くこたえてくださった

動物病院の先生

のつたない説明を聞いた先生はこう言いました。

「今すぐ猫を連れてきなさい。お金はあとでもいいから

私は、信じられない気持でその病院に猫を連れて行きました。

食欲がないため、点滴をしてもらって帰り、翌日から3日間、往診もしてもらいました。

こうして猫は元気になりました。



その後、先生に

「お金はほんとうに後でもいいんですか?」と聞くと、

来年お年玉が入ったら、少しでも払ってくれればいいよ
と言ってくれたのです。

翌年、私はお年玉をもらってから、それに貯金を足してお金を1万円持っていきました。


そうすると先生は、7,000円もお釣りをくれたうえに、

「また猫が調子悪くなったら往診してあげるから」
と言ってくれました。

それから、ほんとうに先生はたびたび往診してくださり、猫は元気に15年生きることがきました。



世の中に、お金よりも命を大事に考えてくれるお医者様がいることに、それに猫の命も人間の命と変わらず大切にしていただいたことに、心から感謝しています。



神奈川県横浜市のM.Y.さんのお話


読者投稿記事募集

ただ今、読者様の【ちょっといい話
記事募集中です。
詳細はこちらでご案内しています>>>
掲載に採用させていただいた方にはQUOカード(500円)を提供致します。


おひとり様、何回投稿でも結構です。
どうぞお気楽にこぞって、ご参加ください(^^)/



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional