Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

教え子から遺書を送られた先生

教え子から遺書を送られた先生

画像の説明

【教え子から遺書を送られた先生】



永先生は、熊本県の歴史始まって以来、

30代の若さで小学校の校長になられたほど優秀でしたが、

「教員の仕事は、教壇に立って教えることだ」

と5年で校長を降り、自ら志願して一教員に戻った人でした。

だから、どの学校に行っても校長に嫌われるんですね。

自分より実力が上なものだから。



徳永先生は、昼飯を食べない人でした。

なぜ食べないかというと、終戦直後、

昼の時間になると、弁当を持ってこられない子供たちが、

さーっと教室からいなくなる。

それでひょっと校庭を見たら、

その子たちが遊んでいたんです。



その時から、自分もピタッと昼飯を食べるのを止めて、

その子たちと楽しい遊びをして過ごすようになりました。



以来、昼飯はずっと食べない人生を送るんですよ。

晩年になっても。



これは戦前の話ですが、

「明日は工作で切り出しナイフを使うから、持っておいで」

と言って、児童たちを帰したら、次の日の朝、

「先生、昨日買ったばかりのナイフが無くなりました」

という子が現れました。



先生は、どの子が盗ったか分かるんですね。

先生は考えて、一つの方法をとりました>>>

徳永先生のような人生を送りたい

休みの時間、中には運動場に出ない生徒もいますが、

この日は、全員を運動場に出して遊ばせました。

それで、全員外に出して遊ばせているうちに、

盗ったと思われる子供の机を見たら、

やっぱり、持ち主の名前を削り取って、布に包んで入っていました。

先生は、すぐに学校の裏の文房具屋に走って、同じナイフを買い、

盗られた子の机の中に入れておきました。



子供たちが教室に帰ってきた時、

「おい、もう一度ナイフをよく探してごらん」

と言うと、



「先生、ありました」と。



そして、

「むやみに人を疑うものじゃないぞ」

と言うんです。



その子は黙って涙を流して、先生を見たといいます。



それから時代が流れ、戦時中です。



特攻隊が出陣する時、

みんなお父さん、お母さんに書くのに、

たった一通、徳永先生への遺書があったのです。



それは、あの日、ナイフを盗った子からのものでした。

「先生、ありがとうございました。

 あのナイフ事件以来、徳永先生のような人生を送りたいと

 思うようになりました。

 明日はお国のために飛び立ってまいります・・・」

という書き出しで始まる遺書を残しました。



教え子から遺書を残された徳永先生、

愛しい教え子を死地に送り出さねばならなかったこの時代、

徳永先生は、深い悲しみに沈みこみました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional