Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

自転車の兄ちゃん、おばあちゃんへの乱暴な言葉はやめて

自転車の兄ちゃん、おばあちゃんへの乱暴な言葉はやめて

画像の説明

【自転車の兄ちゃん、おばあちゃんへの乱暴な言葉はやめて】



ってくる自転車の前にふらふらと飛び出したおばあちゃんがいた。

ティッシュ配りのバイト中だった私がそれに気付いて、

危ない!と思った瞬間、自転車の兄ちゃんが急ブレーキをかけた。

そして「危ねーだろがババア!」と怒鳴った。

確かに、完全にそのおばあちゃんの不注意でのことだったんだけど、

でもそんなキツイ言い方しなくても…と、

私は思わず2人の間に割って入ろうとした。



だけど、私が「ちょっと…」って言いかけたその時に、

その兄ちゃんが言った。

その言葉があまりにも予想外だったので、私を含め周囲は思わずポカーンとした>>>

気づかってるのか脅してるのか分からない。・・・だけど

の兄ちゃんは、こう言った。



「あんたが死んだら孫とかじじいとか悲しむだろが!!」

あまりにも予想外だったその言葉に、私含め周囲は思わずポカーンとした。



で、謝るおばあちゃんに、その兄ちゃんは更に

「うるせーな。いいから荷物かせ! カゴ入れてってやっから貸せ!

 つーかケガねぇのかよ?ああ!?」

と、脅してんのか気遣ってんのか分かんない言葉。



結局、その兄ちゃんは、おばあちゃんに付き添って、

自分が来た道を引き返していった。

カゴにはおばあちゃんの荷物。

ティッシュ配りながら2人をコッソリ見送ってたんだけど、

おばあちゃんと兄ちゃんは、何か色々喋ってるみたいで、

おばあちゃんも笑顔だった。



20分ぐらいしてから、再度自転車で戻って来たその兄ちゃんに

ティッシュ渡しながら 「優しいですね」って言ったら、

「別に優しくねーよ!」とちょっと怒ったみたいに言われた。



でもその後で小声で、

「ババアやジジイを大事にすんのは別に優しいとかじゃなくて

 普通のことだろがよ」と言ってるのもちゃんと聞こえた。

しかもちょっと顔が赤かった。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional