Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

忙しい上司の時間をムダにして、身の縮む思いです

忙しい上司の時間をムダにして、身の縮む思いです

医師と看護師

り合いの看護師さんからいいお話を聞きました。


その先生の自宅は、勤務先の病院のすぐ近くにあります。

そのため夜中にたたき起されることもよくあります。

交代制等の勤務状況がどうあれ、待ったなしのときがあるのです。

看護師さんが緊急電話で先生を呼び出します。



「先生、患者の様子が・・・」

季節が真冬だろうが、先生は飛んで行きます。



ところが、先生が病室に入ると、こちらの心配をよそに患者さんはケロッとしていることがあります。

そばで看護師さんが身を縮めて、必死に先生に目で謝っています。



誰でも文句のひとつでも言いたいところですが、その先生は決して叱りません。

逆に「よかった、よかった」を繰り返しながら、ニコニコして帰るそうです。

先生は看護師さんに優しいんですね、と私が言えば、彼女はそれは違うんですと打ち消しました>>>

先生、スケール小さいけどおっちゃんもこう言ってました

上司、部下を叱る

生が看護師さんを叱ったり、嫌味を言ったりしない理由、先生の話はこうです。


もし、自分がここで嫌な顔をしたらどうなるか。

次の時は呼ぶのをためらうに違いない。

その一瞬の遅れが患者の命とりになる。

だから、むしろ看護師さんを慰めて帰るのだ、と言います。



この話は、そのままビジネスの世界でも通用します。



若い営業担当が上司と得意先を同行訪問することがあります。

アポイントを入念にとってあったにも関わらず、その訪問が空振りに終わるのもよくあることです。

この瞬間、上司の部長さんが部下を怒鳴るとします。


「忙しいのにムダ足をさせて・・・」


この言葉で部下は死にます。

今後は部長に応援を頼むまいと思います。

結果、職場は動きの鈍い集団になります。



こんなとき部長さんがこんな風に言ってくれれば、部下は救われます。

「留守でもええやんか。再訪問のきっかけがこれで出来たわけや。もしか、ちょんの間、コーヒーでも飲んで待っとこか」


いいねfacebook



rss最近の記事

最新の10件


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional