Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

田中角栄のお金に関するエピソード

田中角栄のお金に関するエピソード

田中角栄の言葉

【田中角栄のお金に関するエピソード】
~こんな話があります~

中角栄の子分の若手の議員が女の不始末の清算で、今日中にどうしても100万円が必要ということになった。

ところが、すぐ現金で百万円を揃えることができない。

やむなくその議員は田中のもとに電話をかけ、100万円の借金を申し込んだ。

話半分まで聞いていた田中は「わかった」と一言。

「カネは直ぐに届けさせる」と約束した。

30分もすると、田中事務所の秘書が紙袋を届けにきた。

その議員が紙袋を開けてみて驚いた。

何と、その紙袋の中には>>>

田中角栄からの紙袋、その中身にはなんと・・・

田中角栄逮捕の日の記事

議員が紙袋を開けてみた。

そうすると、本人が申し込んだ額よりも多いなんと300万円の現金が入っていたのだ。

自民党総裁 田中角栄

そして田中の筆による一枚のメモが入っていた。

一、 まず100万円でけりをつけろ。

二、 次の100万円でお前の不始末で苦労したまわりの人たちに、うまいものでも食わせてやれ。

三、 次の100万円は万一の場合のために持っておけ。

四、 以上の300万円の全額、返済は無用である。

その若手議員は、涙しながらそのメモを読んだ。

そして、その後、田中派内で竹下登の創政会の旗揚げ問題がクローズアップされた時でも、ビクとも動かなかった。

あの時の300万円の一件で、田中という人物に殉じるハラを固めたという。

お金には限りがあります。だからこそ、そのお金の使い方にその人の器量が最も現われるのではないでしょうか。

有限であるカネを、無限であるヒトに向けて投資する、これもひとつ田中角栄の教訓ではないでしょうか。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional