Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

チャリティーの場で空気を読まないゴールキーパー

チャリティーの場で空気を読まないゴールキーパー

ゴールキーパー

【チャリティーの場で空気を読まないゴールキーパー】



る有名サッカー選手の話です。

彼はゴールキーパーです。

ある時彼はチャリティーイベントに招待されました。

主催者からの依頼は、チビッ子たちと軽いゲームをしてほしいということでした。

子供達10人とPKをして、子供達が1本ゴールを決めるたびに

企業が100万ずつ募金箱に寄付をしていくという遊びのゲームでした。

企業も最初から分かっていて、すでに100万と書いた小切手を10枚用意していました。

人だかりが出来る中、子供達10人とのPKが始まりました。

集まった人々はみんな同じ場面を想像していました。


『彼はチャリティーの為に小学生が蹴ったボールを止めずにやり過ごすに違いない』と。

なぜなら、それはチャリティだからです。



しかし実際は違いました。

なんと彼は、子供が一生懸命に蹴ったゆるいシュートを

ガッチリとキャッチしてしまったのです。

最初はちょっとしたジョークかと思っていたのですが、

彼は次の子のシュートも止めました。

そして、次も次も次も…



結局子供達10人全員のシュートを止めてしまうことになりました。

お前空気読めと。

そんな雰囲気が会場を覆いました。



「軽い遊びのゲームであろうと、

 僕の守るゴールにボールを入れさせる訳にはいかない」



静まり返る会場…。

このままではチャリティー金額はゼロ。

主催者や関係者は青い顔をして呆然と立ち尽くしていました。

同じ寄付でも手抜きじゃない、本気の寄付を・・・

画像の説明

けて静まりかえったイベント会場。

「軽い遊びのゲームであろうと、

 僕の守るゴールにボールを入れさせる訳にはいかない」


そして彼は、自前の小切手帳を取り出し

しかし、ぜひ寄付はさせてもらうよ」と言うと、

金額欄に1000万と記入し 、

サイン欄にオリバー・カーンと書くと、それをカラの募金箱に入れました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional