Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

われらが高倉健さん、その恥ずかしい過去とは?

われらが高倉健さん、その恥ずかしい過去とは?

高倉健

倉健さん、日本を代表する映画スター。男の中の男。

この人のことを悪く言う人はあまりいません。

昨年は、文化勲章を受賞しましたね。

健さんは、若いころからスポーツで身体を鍛えています。

中学に入ってからは合気道。

高校ではボクシング部を設立し、一方では英会話部を設立して文武両道。

青春時代はイケイケの感じの健さんです。

さらに大学時代は、相撲部で活躍します。

そんな健さんですが、実は幼少時代はかなり恥ずかしい体験をしています。

やはりそんな恥ずかしい体験も、強いけど、反面、優しかったり、気弱だったり、シャイだったりのイメージがある、健さんならではのエピソードかもしれません。

こんな体験だったのです>>>

高倉健さんの幼少時代、恥ずかしい体験とは

高倉健さん、恥ずかしい体験
れらが高倉健さん。小さい頃は体が弱く、少しの食べ過ぎですぐ下痢をしました。

だから、「この子に食べ物をやらないでください」という札を首からかけていたくらいでした。

小学校に入っても、女の子にまでもいじめられて、泣いてしまうほどの弱虫だったのです。

中学校に入ってからは、上級生から殴られるばかりの生活に耐えられず、合気道を習い始めます。

そこから、頑健な身体と精神力を身につけるとともに、本来の自信を取り戻したのでしょうね。

だからこそ、高校時代は、幼少の頃の屈辱体験を覆すように、イケイケの青春時代を送ったのかもしれません。

'14年11月18日のニュースより


いいねfacebook



rss最近の記事

最新の10件


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional