Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

引き続き《追悼》【高倉健さんのエピソード】

引き続き《追悼》【高倉健さんのエピソード】

高倉健さん、武田鉄也さん

引き続き《追悼》【高倉健さんのエピソード】

田鉄也さんの話です。

武田さんにとっては、初めての映画出演だった「幸福の黄色いハンカチ」。

その撮影当時を振り返り、武田さんがこう語っています。

「僕は素人俳優だから、監督にいつも怒られていましてね。
 健さんが『お前、大変だったな』と慰めてくれるんですよ」

「それで、『俺ばっかりいじめるんですよ』と愚痴をこぼしましたら、
伸びないやつはしごかねえよ』と言って下さって・・・。
 ・・・宿まで泣きながら帰りましたよ」



ラストの、黄色いハンカチがたくさん干してあるシーンで、

武田さんは泣く芝居をしないといけませんでした。

だけど、そのシーンには1週間も撮影時間をかけていたのです。

毎日、黄色いハンカチを見ているうちに、それらのハンカチが安全第一の旗に見えて、

涙が全く出なくて、泣く演技をするのに苦労したそうです。

しかし、高倉健さんのほんのひと言で

武田鉄也さんの涙腺が崩壊することになってしまうのです>>>

武田鉄也さん、泣きすぎだったかも・・・

画像の説明

手活動でも忙しかった当時の武田さん、そのシーンが終わったら、

撮影も終わって1ヶ月ぶりに東京に帰ることになっていました。

「よーい」ってカチンコが上がった瞬間のことです。

健さんが小さい声で、武田さんにささやきました。

「長い間、世話になったな。東京に帰っても体元気づけて、

 しっかり生活するんだぞ。楽しかったぜ」



感受性豊かな鉄也さん、大号泣。涙ぼろぼろ、おいおい泣きじゃくったそうです。

その泣きシーンがオーケーになったかどうか定かではありませんが、

健さんの温かさが胸に沁みたという武田鉄也さんのお話しでした。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional