Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ビートたけしと高倉健の気さくなお話

ビートたけしと高倉健の気さくなお話

画像の説明

【ビートたけしと高倉健の気さくなお話し】



ートたけしさんと高倉健さんは、

何となく心許せる仲だったようです。

たけしさんが健さんと共演したときのことです。

「健さん、酒も飲まないし、女っ気がないし。

 女に興味がなくなったの?」

と尋ねたそうです。

そしたら健さんはこう答えました。

「たけちゃん、俺はホモじゃないぞ。これまで遊んだことは遊んだ。

 けどね、もう女なんてどうでもよくなっちゃって、面倒くさいんだ。

 話すんだったら、男の方がいいしな。

 女と変なことする気はさらさらない」

「へー、年とったら、そうなるの?」

とたけしさん。

「俺はちょっと早いかもしれないけど、

 60過ぎたらみんなそうなるよ」

健さんはそう言いました。

確かに、この言葉通り、健さんの元・奥さんである江利チエミさんが

この世を去ってからも、女性の噂を立てられることはほとんどなく、

健さんは独身を貫きました。

奥さんが亡くなって後、再婚しない方は多数いらっしゃいます。

しかし、健さんの場合、チエミさんに向ける思いは、

少し特別だったようです。

亡くなった後のチエミさんのことを

こんな風に大切にしていました>>>

別れた元妻チエミさんへの健さんの思い

さんは、チエミさんが亡くなった後、

家を新築しました。

その場所は、チエミさんが眠るお墓の

約200mほどの場所にあったのです。

健さんは、人目を忍んでは、

チエミさんの命日に、墓前で手を合わせていたそうです。



話を事実以上に美化するのは、健さんも不本意かもしれません。

果して、終生チエミさんひとりを、健さんが愛し続けたのかどうか、

そこはうかがい知ることはできません。

ただ、何か特別の思いを抱きつつ、

健さんは、チエミさんの墓前に参り続けていたに違いありません。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional