Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

おっちゃん、おばちゃんの星、綾小路きみまろ、ブレークの時

おっちゃん、おばちゃんの星、綾小路きみまろ、ブレークの時

画像の説明

【おっちゃん、おばちゃんの星、綾小路きみまろ、ブレークの時】



州発、中高年のアイドル、そう「綾小路きみまろ」。

きみまろさんは、「おやじにもらった1万円」だけを手に、高校卒業後に上京。

以来、潜伏期間30年。50歳代にブレークしました。


そのブレークポイントが面白いです。


「潜伏期間30年」の間には、キャバレーの司会や森進一さん、小林幸子さんなどの専属司会をやってたこともあります。

その頃から、単なる司会業じゃなく、中高年漫談の腕を磨いてきました。

試しに録音したカセットテープに反響があり、自分一人の漫談で勝負してみようと立ちました。50歳の時です。

何とか、世に出たいという夢は衰えなかったのですね。

寄席の高座にも打って出ました。



しかし、まだまだ仕事が押し寄せてくるほどのことはありません。

きみまろさんは、中高年が寄り集まって、漫談などを聞いてくれる場所はどこなのか、真剣に考えました。

そしてひらめいたのが観光バスの車中という場でした。



観光バスのおっちゃん、おばちゃんたちがカラオケにも飽きたころ、

テ―プで流れる漫談などに耳を傾ける、そんな状況を思い浮かべました。

思いついて、早速実行にうつすところがきみまろさんの優れたところです。



きみまろさんは、2001年の4月頃から、高速バスのサービスエリアに立ちました。

観光バスを相手に漫談のテープを無料で配り始めたのです。

気味悪がられても、嫌がられても配り続けました。

走りかけのバスを追いかけて、こけつまろびつしながらも、配り始めて数ヶ月。

初めての経験をします。



バスガイドさんから「きみまろさん?」と聞かれ、「はいっ!」と答えたら、

サインしてください」という答え。

おもしろくて、おもしろくて、一度お会いしたかったんです。

そんな小さいけど、大きい手ごたえにきみまろさん、少し胸がふるえました。

それから、ほんの少し経った頃、世間を大きく驚かす大事件が勃発します。

はからずも、その大事件は、きみまろさんへの追い風になるのです>>>

悲しむべき事件だが、皮肉にも追い風になった

の大事件とは、2001年9月11日。米国の同時多発テロ事件です。

それを機会に、中高年の海外旅行が激減します。

その分、国内旅行、特にバスの観光旅行が大幅に増えたのです。



ものすごいバスの数だった!ときみまろさんは述懐しています。

バイ菌みたいに増殖して・・・とひと言余計なことも言ってます。

配るカセットテープの数もどんどん増えて、配った総数は3000本を超えました。



その頃、噂を聞きつけたテイチク・エンタテインメントからCD化の話が持ち上がりました。

画像の説明

発売と同時に「30年の潜伏期間」にくすぶっていた炎が燎原の火のように燃え広がったのです。

その後は、ご存じのような人気者となり、今や漫談界のキングのような存在になりました。

きみまろさん、こう言ってます。


「りんごだって熟れたら落ちる。

 芸能人だって、売れたら売れなくなるんだから」

「でも、わたしには、今までの下積みの芸というものがあるから、

 どんなにマスメディアに捨てられようと、何にも怖くないんですよ。

 もともと貧乏だったんだから。

 もともと1万円もらって、鹿児島から出てきたんだから、

 また1から頑張ればいいじゃないですか」



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional