Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

金魚すくいにやってきた兄妹

金魚すくいにやってきた兄妹

画像の説明

【金魚すくいにやってきた兄妹】



うずいぶん前のことです。

私がやってる店(金魚すくい)に、

兄妹だと思われる二人がやってきました。



男の子は、10歳くらい、女の子は7歳くらいでしょうか。



妹は他の子どもたちが金魚すくいをしているのを、

興味津々(しんしん)で長い間見ていました。

やがてせがむように、兄の方を見ました。



正直、二人の身なりは裕福そうには見えず、

男の子は「1回 300円」と書かれた看板を、

何とも言えない表情でしばらく見つめていました。

彼の手から渡された3枚の100円硬貨は、

よほど大事に握っていたのか、熱くなっていました。



妹は、満面の笑みを浮かべて、私から「ポイ」を受け取りました。

「ポイ」とは、金魚すくい用の紙でできた網のことです。



妹は、夢中で金魚すくいを始めました。

男の子は、妹が楽しそうに遊んでいるのを見ながら満足そうですが、

やはり、自分も遊びたいのでしょう、

身を乗り出して、ソワソワしていました。



ここで、私は少しくさい芝居を打ちました。

わざと手を滑らせて、ポイを水槽の中に落としたのです。

「あーしまった! 濡れてしもうた!

 しゃーない。もったいないから、ボク、これを使え」



そう言って、濡れたポイを男の子に渡しました。



男の子はすごく嬉しそうな顔をして、

「ありがとう!」と言うと、

目を輝かせて、金魚すくいをしようと構えました。


ちょうどその時、

妹が兄のそばに寄ろうとしてつまずいたのです。

そして、その拍子に兄とぶつかり、妹のポイが破れてしまいました。

妹は、いまや泣きそうな顔になりました>>>

お兄ちゃん、そんなに気を使わなくていいよ

画像の説明

の泣きそうな顔を見て、男の子は私に、

「あげてもいい?」と手にしたポイを私に見せました。



私が頷くと、男の子はニッコリ笑って、

手にしたポイを妹に差し出しました。



そして男の子は、

「俺、ちょっと向こうの方、見てくるから、ここで遊んどけよ」

そう言って、男の子は走り去りました。



たぶん、妹と私に気を使わせないためだったのでしょう。



妹は、しばらく困ったように立ちすくんでいましたが、

やがて、再び金魚すくいを始めました。



しばらくして、妹が遊び終わった時、

隠れて見ていたのか、タイミングよく兄が現われました。



そして、私に向かって再び、

「ありがとう」

と笑顔で言い、

妹にも同じように言わせると、妹の手を引いて行ってしまいました。

もうずいぶん前の話ですが、

あの男の子のてれたような笑顔が忘れられません。

きっといい青年になっていることでしょう。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional