Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

奇跡はこのようにして、私の身近で起きたのです

奇跡はこのようにして、私の身近で起きたのです

画像の説明

【奇跡はこのようにして、私の身近で起きたのです】

れは私が小学校一年の時の実話です。


私には年上のいとこがいて、とても面倒見が良く、
毎日のように遊んでくれました。

自分の家とは15分ほど離れた所に住んでおり、
いとこが私の家に遊びに来ることが多かったです。

その道の途中に、地元の子供達が使う近道があって、
グルッと回り道しないといけないところを、
7メートルくらいで通り抜けられました。



崖のふちを通るため、危険だから、当然大人達からは厳しく禁止されていました。



禁止されればしたくなる。子供とはそういうものですね。

その日もいつものように、いとこは私の家で一緒に遊び、
夕方に帰って行きました。

すると5分後くらいに、顔面蒼白で近所のおばさんが我が家に駆け込んできたのです。



「あんたんとこの子が 崖から落ちた」



いとこのことです。



反射的に母は、裸足で飛び出して行きました。

私は、そんな母の後ろ姿を見つめていました。



ほどなくして私も崖に向かい急ぎました。

崖のそばに近づいた時に、いとこの姿を一瞬見ました。



さっきまで元気だったいとこは、白目をむき、
体には力が無く、まるで人形のようでした。


私を見た母は泣きながら

「家にいなさい!!」と私を怒鳴りました。



それからしばらく後に、救急車の音が聞こえて、
そして、すぐに去っていく音も聞こえました。

いとこは頭から真っ逆さまに落ち頭蓋骨折、
その際に血が外にはでず内出血を起こしていました。


すぐに処置が施され、一命は取り留めたものの植物人間となりました。


一年以上「今は大事な時期だからお見舞いは我慢しようね。すぐに会えるよ」

と言って、私達ちびっ子達は会わせてもらえませんでした。



その代わりですが、テープに声を吹き込んで、それを病室宛てに渡し続けました。



私は、その頃すし屋さんになりたかったんですよ!

だから「お寿司作ってあげるから早く元気になってね」って、

毎回そればっかりなんです!



それからも植物状態が続き、後から聞いた話だと、

いとこの両親は医者から究極の選択の話までされたそうです。



そうして2年近くが経過したある日の夜、
いとこのお母さんが不思議な夢を見ました。



『見覚えのある坂道の上から元気な我が子が手招きをしている』というものです。



それから数日後、奇跡が起こったのです>>>

夢と同じ光景が目の前に・・・

ベットの隣に付き添って寝るのが日課になっていた、いとこの母でした。

女は深夜に聞きなれない音で目を覚ましました。

なんと我が子がうめいているのです。

気が動転した彼女は大声で息子の名前を呼びました。



するといとこは「お寿司たべたい」と言って目を覚ましたのです。



電話を受け、みんなビックリして病院に集合しました。

担当医までやってきて、涙を流しながら

「奇跡としかいいようがない」と繰り返していました。



人の力て不思議ですよね?



ただこの話まだ終わらないんです。



色々と後遺症は残りましたが、すさまじいペースで回復していったいとこは、

元々好きだった勉強を猛烈な勢いで取り戻し、

無事、地元の私立進学校に合格しました。



入学式の朝、高校の制服に袖を通す我が子を見て、

まさに夢のような気持ちのいとこの母。



バスに乗って高校へ向かいました。

高校最寄りのバス停で下車し、坂の上の高校へ向かう親子。



その途中、持ってこなくては行けない書類を忘れたような気がして、

お母さんは、バッグの中を確認したそうです。



なんせ朝から夢見心地なわけですから。



「確か入れたはず」と焦りながら確認していたその時、

「おーい、早くしないと遅れるよ!!」と息子の声。



「ちょっと、待って!」と顔をあげた母親は、言葉を失ってしまいました。

何とそこには、あの日の夢と全く同じように

坂の上から手招きする元気な我が子の姿があったのです。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional