Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

何回もの奇跡を体験した僕

何回もの奇跡を体験した僕

画像の説明

【何回もの奇跡を体験した僕】


の昔、大学の同級生で、細身の女の子がいました。

何となく意識し始め、彼女も同じ思いだと友達に聞かされました。



有頂天の僕。

ほどなく付き合い始め、やがてとても愛おしい存在になりました。

あるとき、彼女が告白しました。



「心臓に大穴が空いていて、苦しい。子供も無理。

 あきらめるなら今のうちよ」



本人は、辛い気持を抱えつつ、死ぬ気だったらしい。

出来る手術があるのならと、僕なりに心臓外科を探しまくり、

奇跡的に、その種の専門医に行きあたりました。



色んな問題はありましたが、なんとか手術にこぎ着けました。



そして、手術は、







成功したのです。



嬉しかった。本当に嬉しかった。

生まれて初めて、神様に感謝を捧げました。



術後も良好です。

でも、哀しい宣告も受けました。



子供は無理。



受胎しないだろう、と言われたのです。



そんな状況での結婚。当然、親同士は結婚に猛反対でした。



僕の親は勿論のこと、向こうの両親もそうでした。



無視。



無視し続け、それでもなお説得も続けました。

6年かけてやっと挙式、そして入籍です。



10年後、またも奇跡が到来。



よほど経過が良かったのか、妊娠の徴候。



おずおずと主治医に相談しました。



無理だと言われたのが、無理じゃなくなったのです。

喜び半分、恐怖が半分でした。

主治医の先生が答えました>>>

まるでジェットコースターのように起伏が激しく

戦しましょう」



せ、せんせい、俺の女房だぞ、俺の子供だぞ。

だ、だ、だ、大丈夫なんだろな。

そんな感じでうろたえたり、苦悩がわき上がったり、

いろいろあったけど、先生のあっけらかんとした「挑戦しましょ」の言葉に

突き動かされました。

僕にしてみれば、奇跡、またもや奇跡が到来!



無事出産です。



3,000g元気な男の子です。

あまりに嬉しくて、涙と鼻水でぐしゃぐしゃになりながら、

この身は、おそらく5センチほど舞い上がっていたと思います。



半年後のことです。


かみさんに似たような心臓障害が発覚しました。



成長しないだろうってどういうことなんよ?



「様子を見ながら出来るものなら手術をしましょう」

主治医の紹介で、小児心臓外科の先生にお願いすることに。


10年待った一粒種なんだ、死ぬなよ。




頼むから。




もしか、代われるものなら、大喜びで僕が代わるに決まってる。



どきどき。


成功した。



これ以上ないくらいの喜びがこみあげてくる。



何というジェットコースターのような巡り合わせ。


あれから15年。

ころころ太ったかみさんがそばに居ます。



「うぜえんだよ、親父。」



そんなふうに憎まれ口を聞く、ちょっと小ぶりな男子高校生もそばに居ます。

さえないサラリーマンの普通の三人家族です。



かみさんにも、せがれにも言わないけど、幸せを噛みしめています。

何度、奇跡を体験したことだろう。



だけど、今、ここに当たり前のように居る二人こそが奇跡そのもの。



今、ここに奇跡を感じる自分を、世界一の幸せ者だと実感しています。


2ちゃんねる、ちょっといい話より



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional