Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

清原さん、選手時代の護摩焚き修行での忘れられない出来事

清原さん、選手時代の護摩焚き修行での忘れられない出来事

画像の説明
【清原さん、選手時代の護摩焚き修行での忘れられない出来事】


年前の清原選手の話です。

今、私生活の乱れやスキャンダルめいた話題に事欠きませんが、

本来はあれだけの人気を博した選手です。

また厳しいプロの世界で耐え抜いた一流の選手です。

過去の栄光だけで終わってはいけません。

また清原さんの悪い話が本当だとしても、

選手時代のこんな自分を思い出してほしい。

そんな応援の意味を込めて、清原さんのお話です。


人に移籍後、怪我に泣かされるシーズンが続いた清原選手。

肉体面のみならず、精神面の甘えも叩き直したいとの思いで、

ある年のオフ、弟分の広島(当時)金本選手とともに、

とある郊外の寺にこもりました。


この寺の修行メニューに、ガンガンに焚かれた火に

極限まで近づいて、念仏を唱えるという荒行がありました。

屈強で鳴らす清原・金本でさえ、2、3メートル近づくだけで

その熱気にやられ、とても念仏どころではありません。

「こんなん無理やで。できるわけないワ」

「なんもこんな思いしてまで修行せんでもええやん」


そんな気持ちにもなり、2人は何をするでもなく火を眺めていました。

ふと見ると、1人の少年が火に向かって歩いています。

驚いた2人はその様子を見守っていましたが、

少年はまったく動じることがありません。


焚き火からわずか1メートルのところまで近づき、

直立不動で念仏を唱えだしたのです。

「たいしたガキやな…」

清原選手は、ただ呆然とその姿を眺めるだけでした。



そのあと、清原選手は、寺の住職に例の少年について尋ねました。

その話を聞き、清原選手は愕然としました。

修行には命がけの人が集います

職の話です。

「ああ、あの子ですか。あの子は、何百万人に1人という難病に

 冒されていて、余命半年もないと医者に言われたんです。

 日本中の医者に診てもらったんですが、どの医者もさじを投げました。

 しかし、彼は生きる希望を捨てていません。

 母親とともにこの寺を訪れ、あらゆる可能性を求めて修行しているんです。

 あの火の熱さなど、彼がこれまで耐えてきた苦しみに比べれば

 生易しいものです」


それを聞いた清原選手は、次の日から少年の横で念仏を唱えていました。

少年とはほとんど口を聞くこともありませんでしたが、

少年の思いは、隣にいるだけで痛いくらいに伝わってきたそうです。


そして開幕してまもなく、その少年は息を引き取りました。

清原選手は葬儀には出られませんでしたが、

その代わりに自分のバットを彼の棺に入れてもらいました。

少年の死に際し、清原選手は一言だけコメントを残しました。

「○○君には勇気をもらいました。ありがとう」



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional