Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

国歌斉唱の大役を任された。だけど声が出ない・・・

国歌斉唱の大役を任された。だけど声が出ない・・・

NBA国歌斉唱

段なら当たり前にできることが、いざというときにできない。

誰もがそんな経験をしたことがあるでしょう。

それが大勢の人たちの前であればなおさら。

緊張感からテンパってしまい、どんどんわけがわからなくなっていきます。

2003年のNBAの試合で国歌斉唱の大役を任された、オレゴン在住の13歳の少女、ナタリー・ギルバートもそうでした。

彼女は緊張のせいか、国歌の前半で歌詞を思い出せなくなってしまいます。

何とか続きを歌おうとするものの、歌詞はどうしても出てこない。

目は泳ぎ、今にも泣きそうな状態。

観客も応援しますが、それが逆にプレッシャーになっているかのようでした。

そのとき、一人の男性が彼女に歩み寄り、まるで歌詞を教えるかのように歌いだしたのです。

彼の名はモーリス・チークス。

その日の試合に出場するチームのヘッドコーチでした。

ナタリーは相変わらず声はかすれてしまうものの、彼の力を借りて歌い続けます。

いつしか観客や他の選手たちも歌い始め、フロアは国歌の大合唱になりました。

そして、ナタリーへはもちろん、チークスの勇気をやさしさに対して、惜しみない拍手が送られたのです。

このことについて、チークスはこう語ったそうです。

「自分でも、なぜあのような行動をしたかはわからない。そもそも、考えて行動したわけじゃない。あれは私たち人間の、自然な行動のひとつさ。ただ、私は大勢の人たちの前に、彼女を一人きりにしておきたくなかっただけなんだ

こちらにその時の動画があります>>>

NBAには救世主が大勢いるんだ

  • お時間のある方は、同じような動画があります。よろしければご覧ください。こちらも感動した!との感想が多く寄せられています。
  • 8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional