Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

忘れられないコンペイトウの思い出

忘れられないコンペイトウの思い出

画像の説明

【忘れられないコンペイトウの思い出】



ばあちゃんは、昭和一桁生まれで、

家は山梨県甲府市で病院を開業していました。



おばあちゃんから聞いたお話です。

「私」という一人称は、おばあちゃんのことです。



小学校低学年の頃の仲良しは、五軒となりのみっちゃん。

みっちゃんの家は七人兄弟で、

いつも必ず弟の大ちゃんを背負っておりました。

もちろん、私と遊ぶ時も一緒です。



「みっちゃん、重くて大変だね」と言ったものの、

兄弟の少ない私は、よく面倒を見て可愛がる様子を、

うらやましくも思っていました。



ある日私は、病院に来る患者さんから

一握りの「コンペイトウ」をもらいました。

当時、甘いものは大変な貴重品でした。


私は、大事に自分の宝箱にしまい、

特別な時に一つずつ食べることにしました。

今日はみっちゃんと遊ぶ日です。

私は二粒だけ握りしめ、空き地に行きました。



一粒を自分の口に入れ、

もう一粒をみっちゃんに渡しました。



するとどうでしょう、あんなに小さいコンペイトウを、

みっちゃんは歯でさらに半分にカチ割り、

それを大ちゃんの口に入れてあげたのです。



「甘くておいし~い。本当にありがとう!」



そう言って喜んでいるみっちゃんに、

私はすまなく思いました。



「ごめんね、ほんとはまだたくさんあるの。

 今度、もっと持ってくるね」

そう言って、その日、みっちゃんと別れました。



その翌々日のことです。

こんな狭い甲府盆地にも空襲がありました>>>

みっちゃんに全部上げればよかった

ンペイトウ、今度、もっと持ってくるね」

と言ってみっちゃんと別れた私でした。

でも、この時代に今度は訪れませんでした。



この地域への空襲。

地形が盆地のせいか、熱く逃げ場もなく、

それは悲惨でした。

それでも、私と家族は、命からがら助かりました。



空襲が終わり、町も落ち着いた数日後、

母が私に言いました。



「みっちゃんともう遊べないよ。

 みっちゃん、空襲で死んじゃったんだよ。

 でも神様っているんだね。

 大ちゃんを抱え込むようにうつ伏せになっていてね、

 その中の大ちゃんは生きていたんだよ」



それを聞いて私は、焼け跡の中のコンペイトウを探しました。

「みっちゃんに全部上げればよかった」

と泣きながら言いました。



その様子を見ていた母は、私に言いました。

「みっちゃん、いい子だったから、

 神様がお星様にしてくれたよ。

 だからもうコンペイトウ、たくさん持ってるよ」



戦争が終わり、平和になってからも、

みっちゃんの優しさと強さ、そして戦争の悲しさは、

あのコンペイトウを通して、

私(おばあちゃん)の心の中に生き続けました。


参考本:「あなたの涙そうそう」
    TBS「あなたの涙そうそう」プロジェクト



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional