Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

コワモテ上司から諭された

コワモテ上司から諭された

画像の説明

【コワモテ上司から諭された】



分でも理由は分からないが、

気がつけば、仕事のやる気を失くして会社を無断欠勤していた。



それが数日続いたある日の夜、上司がアパートを訪ねてきた。

コワモテの、よくヤクザに間違えられる風体の上司だ。



最後通告かな、仕方ないだろうな、と思いつつ、

上司の行きつけらしいショットバーに連れて行かれた。



会社に出てこない僕のことを気にかけてくれたんだろうか。

怖い顔だけど、お酒飲みながら、その目を見ると優しい眼差しに気づいた。



僕は、その目に惑わされたのだろうか、いろいろ自分の正直な気持を吐露した。

なぜか、やる気が出ない、出勤しようにも会社に向かう一歩が踏み込めない、



そんなことを正直に話した。



コワモテ上司から、最後通告を突きつけられる前に、僕は先手を打った。

このままでは、会社に迷惑かけるばかり、

いっそ辞めようと悩んでいることも話した。



それまでずっと聞き役だった上司は、膝を組み直し、

正面から僕に視線を合わせて言った。



意外な言葉が帰ってきたのだ>>>

自分では気づきにくい心の病

ワモテ上司の話……。



人間は、自分で思ってるほど安定してるわけじゃない。

自分で思ってるよりも、ギリギリのバランスで生きてるんだよ。

走れば走るほど、それだけバランスが崩れやすくなる。



そうすると周りが見えなくなる。

少しだけ間が悪かったり、少しだけ考えが及ばなかったり。



身体の痛みや疲労は分かっても、

精神の痛みや疲れは分かりづらい。



他人のことならなおさらだが、自分のことは我慢してしまう。



お前は今、少し心が疲れてるだけだ。

治るまで、ゆっくり休め。



しばらくして治った時、痛みを知ったお前は少し強くなれる。

そして、その分だけ人に優しくなれる。



痛みを知った者が、次に傷ついた者を癒す薬になれるんだ。

だから、今は休め。

で、いつか俺が疲れ果ててたら、こんどはお前が助ける番だ。



上司の言葉が心のひだに沁みてきた。



だけど「治るまで、ゆっくり休め」の言葉を文字通り受けてはいなかった。



仕事を「ゆっくり休んでる」間に、勇気を出して、

僕は専門医の門をたたこうと思った。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional