Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

桑田真澄さんは決して野球エリートではなかった

桑田真澄さんは決して野球エリートではなかった

画像の説明

【桑田真澄さんは決して野球エリートではなかった】


巨人軍のエースピッチャーとして活躍した桑田真澄さんのお話しです。

彼はPL学園時代は、清原とのKKコンビで、対戦相手から恐れられていました。

少年野球時代から、「桑田」という名前は、

地域のチームには知らない者がいないほど有名なビッグネームだったそうです。

しかし、そんな桑田少年は、決して野球のための英才教育や、

エリート的指導を受けて成長したわけではありませんでした。



桑田さんが11歳の頃のことでした。

桑田さんのお父さんは、そのころどうにも仕事が長続きせず、

あまり父親として立派な人ではなかったようです。



ただ、息子の野球への取り組みには異常に熱心な人でもあったようです。

熱心すぎて、桑田さんには野球ばっかりやらせ、

学校にはろくに通わせないという一面もありました。

また、自分はだらしないくせに、家族のことは全く省みようとしない、

息子の野球以外に関しては、何の取り柄もない父親だったといいます。



そんな父親との生活にすっかり疲れ切ったお母さん。

とうとう気持がキレたようです。

当時まだ小学生だった桑田さんに言いました。

「お父さんと離婚しようと思う」と打ち明けたのです。

その時の桑田さんの言葉が、お母さんの胸に突き刺さりました。

つづきおよび全文はホームページからご覧ください>>>

お母さんは今でもその言葉が忘れられない

田さんがお母さんに告げた言葉です。



お母さん、それでも僕は野球がしたい。

 だから、…僕がお母さんを養えるようになるまで待って



桑田さんのお母さんは、今でもこの言葉が忘れられないそうです。



その後、高校生として、桑田さんが所属するPL学園は、

遠征費や合宿費やその他諸々の費用で、年間100万円前後のお金が必要でした。

お母さんは、実家筋からの借金で賄って、桑田さんに野球を続けさせました。

借金は、3年間で数百万円になったものの、

プロ入り時の契約金で、即刻返済できたそうです。


桑田真澄少年の、少年らしからぬ覚悟の言葉。

彼の努力のバックグラウンドには、もはや野球で稼ぐしかない!

そんなハングリー精神が漲っていたのでしょう。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional