Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

60歳のラブレター

60歳のラブレター

画像の説明

【60歳のラブレター】

年の10月、女房が胃潰瘍の手術のために入院した。

後で分かったのだが、

意を決しての入院だったようだ。



女房は手術室へ向かう直前、

ベッドの枕の下から、一通の封書を私のポケットにねじ込んだ。

寂しそうに笑っていたのが少し気にはなった。



手術は一時間足らずで終わったが、

その間、待合室で先ほど渡された封書を開けてみた。



「お父さん!

 私は潰瘍ではなく、癌だと思っています。

 この先あまり長く生きられないと思うので、

 今のうちに言っておきます。

 四十年近く連れ添ってくれてありがとう。

 良妻だったと思っていません。



 わがままばかり言って、迷惑のかけっ放しだったと、

 自分でも思います。

 でも、あなたのおかげで、

 私は、結構楽しい人生が送れました。

 私が先に逝くことになりますが、『三途の川』は渡らずに、

 あなたが来るまで、じっと待っています。



 来た時には、他のいい女に目移りすることなく、

 真っ先に私を探して下さい。

 来世でも、夫婦として一緒に暮らしてあげますから」


「なんじゃこれは!?遺書か?ラブレターか?」



思わず吹き出した。



術後、医師から告げられた>>>

まさかとは思いつつも、医師の言葉で一安心

生はこう言われた。


「単なる潰瘍です。

 三週間くらいで退院できるでしょう」



その言葉を聞いて、一安心すると同時に、

あの、内弁慶な女房の本心の一端を、

図らずも垣間見たことで、思わず苦笑した。


4~5日して病院に行くと、女房が手を出した。



「なんや?」と聞いたら、

あの手紙を返せと言うのでした。



私は、

「そんなもん、知らんで!」と言うと、

背中を思い切りたたかれた。



その力は、元気な時と同じくらいの強さまで、

回復したようだった。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional