Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

メールでつながる”乾杯”の気持

メールでつながる”乾杯”の気持

記事投稿募集
《読者様からの投稿》【実話】くぅちゃん様(神奈川県)

『メールでつながる”乾杯”の気持』



が最後に学生だった頃はまだ、
学生が携帯を所持する様な時代ではありませんでした。

クラスに数人「ポケベル」を持ってるような時代でした。

学校を卒業して、学友との連絡は家電か手紙でした。

学友の中の1人の女の子(Aちゃん)とは、時々文通をし、
毎年年賀状を交換していましたが、
ある年、年賀状が来ませんでした。

私は「仕事が忙しかったのかな?」とあまり気にしていませんでした。

暫くして、彼女から手紙が来て、
「事故に遭って、半身付随になった」と知りました。

その時はただ、「生きてて良かった」そう思いました。

その後、お互いに携帯を持ち、携帯の番号を交換し、
時々メールで近況報告。
時々、手紙交換。

ある時、私は夫とTDRに行き、彼女がディズニーが好きなので
お土産を買って、送りました。

そしたら彼女から
「いつもリハビリで病院に行くだけしか外に出ないから
行った気分になれて凄く嬉しかった。ありがとう」と
メールが来ました。

普通だったら、
「私はどこにも行けないのに。良いな。羨ましい。妬ましい」
と思っても不思議では無いのに、彼女は素直に、

「自分も行った気持ちになって嬉しい。ありがとう」
と言ってくれたのです。

それからは、私は出先でハガキを出せる時は
必ず彼女にハガキを出します。
(TDRやら旅行先とか)可能な限りはお土産を買って
送っています。

そして彼女と
「リハビリで、体が良くなったら一緒に泊まりでTDRに行こうね」
と話していました。

その時に彼女から「お酒はあまり飲めないけれど、梅酒は好き」
と聞きました。

今年、6月頃かな?

同じ学校の友人(Bちゃん)が「メルアド変えた」と
久しぶりに連絡をくれて。

「また、お茶でもしようね」とやり取りをしていたら
ちょうど実家に帰る日に、休みと聞いたので
1日延泊して、その友人Bちゃんと逢うことになりました。

で、前年の6月に漬けた梅酒を、Bちゃんに逢う日に
届くようにして、Aちゃんに送りました。

で、Bちゃんと逢ってる時に、Aちゃんから
「梅酒ありがとう」とメール。

その後、Bちゃんと店を出てからAちゃんにTEL。

Aちゃんは、ビックリしてたけど、凄く喜んでくれたのが
分かりました。

電話を切った後に、メールがたくさん来て
「梅酒が凄く美味しい。」と来たので
「明日自宅に帰るから、同じ時間に梅酒で乾杯しようか?」と
メールしたら「やりたーい」とレスが来たので
翌日の21:00に、梅酒を一緒に飲むことにしました。

で、帰宅して、梅酒のボトルとグラスを写メして
「準備OK」ってメールして。
時間になったら「乾杯」ってメールして。

彼女は「中々逢えないけど、凄く繋がってる感じがして嬉しかった。
事故に合ってから、私から離れてしまった人もたくさんいるけど、
くぅちゃん(私)にはたくさん、元気と優しさを貰ってるよ。ありがとう」
とメールが来てビックリしました。

TDRでの女子会、開催に向けて

梅酒

やいや。私は私で嫌な事があって、「死にたいな」って
気分になることもあって。

でも素直なAちゃんに
「リハビリ頑張って、くぅちゃんとお泊まりランド行きたい!!」って
メールが来たら
「ランドだけじゃなくてシーにも行こうよ。」って気分になって、
「まだ、死ねないぞ」って思うし。

Aちゃんの前向きで素直な性格に、いつも私が
元気とか優しい気持ちを貰ってるんだよ。

私も結婚しちゃって、ちょっと遠くに住んでて
中々逢えないけど、メールや、手紙はいつでも送れるし。

Aちゃんの体調が良くなったら、Bちゃんと一緒に
逢いに行くからね!!

それまでは、時々忘れられない様に、メールや手紙を送り合おうね。

Aちゃんの住む地域は、電車で2時間ちょっとだし
生きていれば、絶対に逢えるから。

それに「逢わなくても」繋がってはいられるけど。
でも、「逢う日」を目的に、逢った時に笑える様に
お互いに色々な経験をしておこうね。

いつか、女同士でのお泊まりランドを実現できる日を
楽しみにしているよ。
もう、お互いに「イイ年のオバちゃん」だけど
TDRに行く日は「女子会」だからね??



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional