Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

五輪マラソンで記録と記憶に残る日本人選手

五輪マラソンで記録と記憶に残る日本人選手

金栗選手

リンピックのマラソンで、記録と記憶に残る日本選手がいます。


金栗四三という選手です。


1912年は、ストックホルム・オリンピックが開かれた年ですが、その前年に予選会が開かれました。

そこで、世界記録を27分も縮めるという、とてつもない記録を出した選手、それが、金栗四三さんでした。

彼は、日本人初のオリンピック選手として、国民の大きな期待を背負って、ストックホルムに臨みました。


しかし、彼はレースの最中に意識を失って倒れ、近くの農家で介抱されることになってしまいました。

彼が目を覚ましたのは、すでにレースが終わった翌日の朝。

彼のオリンピックは、絶望のうちに幕を下ろしました。


その後も彼は2度のオリンピックに出場しますが、芳しい成績を挙げることはできませんでした。



時は流れて1967年。

あのストックホルムオリンピックから55年経ったある日のことです。


彼はスウェーデンのオリンピック委員会から、ある連絡を受けました。

それは>>>

これでストックホルム大会の全日程が終了しました

ストックホルムオリンピックのゴール

れは、ストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に来てほしいというものでした。

実は、彼はあのマラソンレースで意識を失って倒れてしまったため、棄権の意思は委員会に伝えられていませんでした。

そのため、彼は「競技中に失踪、行方不明」という扱いを受けていたのです。

レースの終わりは、ゴールか棄権しかありません。

だとすると、彼はまだレース中ということになります。

そこでオリンピック委員会は、この式典で彼をゴールさせることにしたのです。


彼は快く招待を受け、ストックホルムの競技場内に準備されたゴールテープを切りました。

タイムは54年8ヶ月6日5時間32分20秒3

これは世界一遅いマラソン記録になりました。

彼がゴールした瞬間、場内のアナウンサーが気の利いたコメントを残しています。

日本の金栗が今ゴールしました。タイムは55年・・・。これで第5回ストックホルム大会の全日程が終了しました



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional