Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ゴジラ松井のスゴさに火をつけた人  伊集院静との対談

ゴジラ松井のスゴさに火をつけた人

ゴジラ松井

【松井秀喜さんの悪口】
~ゴジラ松井のスゴさに火をつけた人~

伊集院 静という作家がいます。

直木賞や柴田錬三郎賞、吉川英治文学賞など、小説家が何としても欲しい賞を数多く手中に収めています。

「ギンギラギンにさりげなく」や「愚か者」などの作詞も手掛けています。

その伊集院 静が、著書「松井秀喜の美しい生き方」の中で、親しくしている青年松井秀喜のことを述べているしびれる箇所があります。

この著書を参考にご案内します。

ある日、伊集院 静と松井秀喜の対談が某出版社の企画で組まれました。

この日がお互いの最初の出会いの日だったそうです。この日を境に、伊集院 静、それに彼の奥さんと松井秀喜の交流が始まります。

この日のインタビューで、伊集院夫妻はすっかり松井秀喜の人間性にまいってしまったのです。

ちなみに、伊集院 静の奥さんは、女優の篠ひろ子という人です。

その対談は、最初のうちは当たりさわりのない話題から始まりました。

「野球は何歳くらいから始めたの?」

「将来メジャーリーグでプレーしたいという気持はあるの?」

松井秀喜の誠実な受け答えに、伊集院 静はじめ周囲の出版社スタッフも、すっかり彼に好感を抱きました。

その後もいろんなやりとりが著書に記されています。

しかし私が最も松井秀喜の人間性を象徴していると思ったのが、次のやりとりです。

伊集院「君の周囲の人から聞いた話だけど、君は人の悪口を一度も口にしたことがないそうだね」

松井「野球選手になろうと決めてからは一度もありません」

まさか、という気持もあり、確かめたい気持もあり、伊集院は再度同じ質問をします。

伊集院「一度も人前で悪口を言ったことがないの?」

松井「はい、ありません」

ここで、伊集院は、目は真剣だけど気負いのない松井の態度に、少々遅れを感じたのか、少し離れた場所で二人の話を聞いている奥さんの表情をうかがいました。

奥さん、篠ひろ子は驚いたようにうなずいて、目でゆっくり語ったそうです。

「その若者は真実を話してるわ」

雑誌の編集長もカメラマンも同じように驚いた表情をしていたそうです。

対談が続きます。

伊集院「どうしてそうしているの?」

それに対する松井秀喜の受け答えこそが、彼の人間性の全てを物語っていると思われるのです。

松井の、その言葉に対し、そこに居合わせた全員が水を打ったような静けさに陥りました。

↓↓その松井秀喜の受け答えについて、つづきはこちらからどうぞ↓↓

松井秀喜さんは、それ以来人の悪口を言ったことが無い。

伊集院からの質問に対し、松井はこう答えています。

松井秀喜

父と約束したからです。中学2年生のとき、家で夕食をとっていたんです。
僕が友だちの悪口を言ったんです。すると、父が夕食を食べるのを中止して、僕に言ったんです。人の悪口を言うような下品なことをするんじゃない。今、ここで二度と人の悪口を言わないと約束しなさいと…。
それ以来、僕は人の悪口は言ってません」



父親が息子の悪い所を叱り、息子が素直に謝った。どこにでもある一般家庭の光景ではあります。同じようなことは、当然ながら私にもあります。

松井親子の場合、どこがどう普通の家庭と違っていたのでしょうか?

この日を境に、一切人の悪口を言わない松井秀喜という人格が形成されていったのです。

この後、伊集院からこんな質問もあります。

伊集院静

伊集院「ところで松井君は、それでも悪口を言いたいときはないのですか?例えば、君のバッティングフォームについてけなされた時とか・・・」



松井「言いたい時は・・・」

そこでしばらく黙った後、

「山ほどあります」

そう言って、松井はニヤリと笑ったそうです。

そして、そこにいた全員が笑い出しました。



その日の対談が終わり、帰りの道すがら、伊集院と奥さんは、行きつけの鮨屋に立ち寄りました。


奥さん「私、感動しました。あんな素晴らしい若者がまだ日本にいたんですね。この国は大丈夫ですよ」

興奮して語る奥さんを見て、鮨屋の主人が言いました。



「どうしたんですか?奥様。まるで恋をしたみたいな言い方ですね。そんな素敵な人に逢われたのですか」

松井秀喜、国民栄誉賞

奥さん「はい、今日ジャイアンツの松井選手に逢ったんです」

主人「それは良かったですね。私も松井選手を球場でみましたが、あの人は特別だ。他の選手とはまるで違います」



普段は無口な主人が大声でそう言ったそうです。

伊集院 静や奥さんの篠ひろ子、それにこの場に居合わせた鮨屋のご主人が認めるように、その後の松井秀喜は特別の選手として、また人間性においても一流の選手として成長していきます。

国民栄誉賞まで受賞するような一流の人格に育つとは、この時点でまだ誰も想像していませんでした。

『いいね』していただき、どうも…

ありがとう


してくれなくても、どうも…
ありがとう

いいねfacebook


【参考文献】

角川書店 逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方  著者: 伊集院 静

感動シリーズ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional