Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

棒高跳び、友情の合成メダル

棒高跳び、友情の合成メダル

棒高跳び、西田と大江

存知の方も多いと思います。

大江選手

1936年、ベルリンオリンピックの棒高跳びは、3人のアメリカ人と、2人の日本人が決勝戦を争いました。

日本人は、西田選手と大江選手です。

この2人は、金メダルは逃しますが、他2人のアメリカ人選手の失敗により、2位と3位になることが決定します。

その日はあいにくの雨。さらに競技は長時間に渡り、2人の疲労は頂点に達していました。

2人の跳んだ高さは、まったく同じ4m25cmでしたが、日本人同士で争うことはないと、2人は競技を中止することにします。

そして日本側は、先に4m25cmを跳んだ年長の西田を2位、大江を3位と届け、これが公式記録となりました。

しかし、すでに4年前のオリンピックで銀メダルを獲得していた西田は、翌日の表彰式で2位の表彰台を大江に譲ります

それは、次の1940年に開かれる東京オリンピックもがんばって欲しいという、西田の激励の気持の現われでもありました。

帰国後、2人は大変大胆な行動をとります。皆があっと驚くことでした>>>

西田選手と大江選手、友情のメダルが誕生

国後の2人の大胆な行動とは・・・

「ルール上は、2人とも銀メダルだったのだから」と銀メダルと銅メダルを真っ二つに切断

それをつなぎ合わせて、半分銀、半分銅のメダルを作り、お互いが持つことにしたのです

それはお互いの健闘を称え合う、友情のメダルとなりました。

その後、西田は現役を引退。

東京オリンピックを目指す大江のバックアップに回ります。

しかし、東京で開かれるはずだったオリンピックは、第二次世界大戦のために中止。

さらに1941年、大江はフィリピンで帰らぬ人となってしまいます。

大江は戦場に行く時も、スパイクを肌身離さず持っていったそうです。

現在、西田のメダルは早稲田大学、大江のメダルは秩父宮スポーツ博物館に収蔵されています。

参考本:ちょっといい話  アルファポリス文庫  著者:佐藤光浩



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional