Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

敵に大量の塩を送って平気な人

敵に大量の塩を送って平気な人

画像の説明

【敵に大量の塩を送って平気な人】

ップルの創業者、スティーブ・ジョブズは

自分が作った会社から一度はクビになります。

さらに再度復帰して、ITにおけるアップルの地位を絶対的なものにしました。

1997年、ジョブズが復帰した直後のアップルは経営に行き詰まり、

銀行口座には、2週間分の運転資金しか残っていませんでした。



いろんな危機を何度もくぐり抜けてきたジョブズですが、

お金のやりくりは不得手の方でした。

絶体絶命の危機の時です。



しかし、この状況で救いの手を差し伸べた人物がいます。

それがアップルと長らくライバル関係にあった、

マイクロソフトのビル・ゲイツだったのです。

当時、両社は著作権において10年以上も裁判を続けており、

決していい関係とはいえませんでした。



ゲイツは、1億5千万ドル(約180億円)の出資と

マック用のオフィスソフトを開発することを約束しました。



優れたビジネスマンでもあるビル・ゲイツは、

ここでなぜライバルの窮地に手を差し伸べるようなことをしたのでしょう?

敵に塩を送るには、あまりにも桁外れの塩の量です。

金持ちケンカせずという言葉もありますね

ル・ゲイツは、その時のことをこう言っています。


「うちの社内にはマックの好きな開発グループがいましたし、

 我々はマックが好きでしたから」

と、これは表向きの談話でした。

マイクロソフトの暗黙のルールとして、こういう不文律があります。



味方と仲良く、敵とは更に仲良くしろ



実は、この言葉はマフィアの掟として、口伝えされている言葉だそうです。

※ビル・ゲイツやマイクロソフト社は、マフィアとの関連はありません。

経営戦略的な視点からは、こんなことも言えます。

「出資する」とは、その会社の株主になるということです。

大きな株主になれば、その会社を所有することになります。

その時点でボロボロのアップルであっても、

その潜在価値を知るビル・ゲイツにとっては、お安い買い物として株主になった、

・・・ということも言えるでしょう。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional